マイルが一番貯まるクレジットカード 『ソラチカカード』年間216000ANAマイルを生み出す最重要クレジットカードを解説

ANAマイルを貯めるうえで最も重要なカード。それが『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)たった1枚のクレジットカードで毎月18000ANAマイル、年216000ANAマイルという莫大なマイルを生みだすマイル製造機です。

このカードはANAマイルを貯めたい方なら絶対持っておくべき最重要カードなので毎年海外旅行に行きたい!ビジネスクラスやファーストクラスに乗ってみたい!そんな方は是非読んで下さい。

ソラチカカードとは

名前の由来は『空でも地下でも使える』という意味でANAマイレージと東京メトロ(PASMO)の機能がついているクレジットカードです。

東京メトロと聞くと地方に住んでる方は「自分は使わないな」と思うかもしれませんが実際にクレジットカードとして使う必要はなくこのカードはポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する中継地点として使います。

ソラチカカードでマイルが貯まる仕組み

まずANAマイルを爆発的に貯める方法はクレジット決済や飛行機に乗って貯めるものではありません。これはもう何度も言ってきましたね。大切なのは『ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換すること』です。

通常ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換すると交換レートは3:1になります。

ポイントサイトで9万ポイント(9万円相当)貯めて直接ANAマイルに交換したら1/3の3万マイルになってしまいます。これがソラチカを使えば9万ポイントを72900ANAマイル(81%)という超高レートで交換できます。

同じ9万ポイントをANAマイルに交換するだけなのにソラチカを通すのと通さないのでは最終的なマイル数が全く違います。その差は実に4万マイル以上です。4万マイルあればそれだけでハワイ往復できるわけですからソラチカを通さない理由はありません。ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでANAマイルに交換するにはソラチカが絶対に必要です。

気を付けて頂きたい点はメトロカードはソラチカ以外にもいくつかありますがソラチカ以外のメトロカードからメトロポイントをANAマイルに移行する場合は100メトロポイント=60マイルです。100メトロポイントを90ANAマイルに交換できるのは『ソラチカ』を保有している人だけです。

※メトロカードの種類(ソラチカはメトロカードの一つ)

ソラチカの基本スペック

  • 年会費:2000円(税別)※初年度無料
  • ボーナスマイル:入会時・1年継続ごとに1000ANAマイル
  • マイル還元率:基本0.5%
  • マイル移行手数料:10マイルコース 年間5,000円(税別)・5マイルコース  無料
  • ポイント移行コース:マルチポイントコース・マイル自動移行コース
  • PASMO・オートチャージ機能・定期券機能つき
  • 定期券外東京メトロに乗車するとメトロポイント が平日5ポイント・ 休日15ポイント貯まる

マイル還元率は5マイルコースだと0.5%、10マイルコースだと1%になりますが10マイルコースだと年間5000円もの料金が発生するためここは5マイルコースを選びましょう。ソラチカはクレジット決済として使うカードではなく、あくまでポイントの中継としてのみ使うのでコースは還元率の高さより料金の安さを選びます。東京メトロに乗るとポイントがもらえますがこれは微々たるものなので気にしないで下さい。ポイントを貯めるのはあくまでポイントサイトです。

 

ポイント移行コースはマルチポイントコースとマイル自動移行コースがあります。マルチポイントコースは自分で手動でポイントをマイルに移行していくコースです。メリットは自分のタイミングでまとめて移行できるのでマイルの有効期限切れ(3年)の心配がありません。マイル自動移行コースはソラチカのカード決済で貯めたポイントをその名の通り毎月自動でANAマイルに交換してくれます。メリットは自動なので何も考えなくて良いことです。デメリットは自動で移行されてしまうので有効期限3年に引っかかる可能性があります。

 

個人的にはソラチカは決済カードとしてはほとんど使わないので貯まるマイルも微々たるものです。その僅かなマイルを自分で移行するくらいなら自動でやってもらいたいので自動移行コースをオススメします。

ポイントサイトからANAマイルへの交換ルート全貌

私が過去に紹介したポイントサイトの中でメトロポイントに交換できるのは3つです。

この3つをソラチカを通してANAマイルに交換するルートがこちら

最初は難しそうに見えますが慣れればなんてことない作業です。結局のところANAマイルの元となるポイントをポイントサイトで貯めて順次機械的に交換していくだけ。一度慣れてしまえば『マイルってこんなに簡単に貯まるの!?』と必ず驚くはずです。

3つのポイントサイトからPeX(⇦ここから登録できます)に交換します。PeXもクレジットカードを作ってポイントが貯まるポイントサイトですが、もらえるポイントが少ないのであくまでポイントの中継地点としてのみ使います。

唯一ひと手間かかるのがGポイント(⇦ここから登録できます)からLINEポイントへの交換です。青線を引いた箇所、GポイントからLINEポイントへの手数料を見てください

手数料5%と書いてあります。わずか5%ですがソラチカを目一杯活用するなら手数料だけでも年間13500ポイントも取られかなりの痛手になります。ですがGポイントの手数料は簡単に無料にできます

  • 手数料を無料にする条件
    ※ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。
    ※2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得が完了していればOK
  • 手数料還元時期
    ※ポイント交換完了時に対象サービスでのポイント獲得が確認できた場合→ポイント交換完了後1日以内
    ※ポイント交換完了後に対象サービスでのポイント獲得が確認できた場合→対象サービスでのポイント獲得後2~3日以内

要するに対象サービスを1回でも利用してくれれば交換手数料は返しますよということです。
対象サービスはこちら

楽天市場やYAHOO!ショッピングもあります。ポイント還元率は他のポイントサイトと比べて低いですが4・5ヶ月に1度楽天市場などで買い物すればそれだけで手数料無料になるので少額で良いのでGポイント経由で利用して下さい。
『単にポイント交換の場所として使わないでたまにはうちも利用してね』というGポイントからのメッセージだと思います。

自分が手数料無料の対象かどうかは交換申請する際に交換受付ページにて最新状況を確認できます


実際に利用してからポイントが確定するまで2ヶ月ほどかかります。ソラチカに回すポイントが貯まりそうなら早めに利用して手数料無料にしておきましょう。

手数料無料の状態で交換するのがベストです。もうすぐポイントが付くから手数料無料になるだろと思って先に交換すると、万が一ポイント不承認になった時に残念なので無料の状態になってからの交換をオススメします。

※GポイントもPeX同様もらえるポイントが少ないのであくまでポイントの中継地点としてのみ使います

ソラチカのデメリット

ANAマイルを爆発的に貯められるソラチカにもデメリットが2つあります

  • ANAマイルへの移行は月に2万メトロポイント(18000ANAマイル)
  • ポイントサイトからANAマイルにするまで時間がかかる

①ポイント移行上限
毎月2万ポイントが移行上限
なのでソラチカで生み出せるANAマイルは毎月18000ANAマイル×12ヶ月=216000ANAマイルが上限になります。この上限を超えるには夫婦でマイルを貯める必要があります。夫婦それぞれでポイントサイトのポイントをソラチカに移してANAマイルへ交換すれば216000ANAマイル×2人=432000ANAマイル貯められます。私は夫婦で貯めてるので2馬力です。
家族のマイルはまとめられるので夫婦で貯めるのがベストです

夫婦でソラチカルートを使う場合、発行するのは家族カードではなくそれぞれが必ず本人カードを作って下さい。メトロポイントからANAマイルに交換できるのは本人名義のソラチカだけです。家族カードをいくら作っても家族の貯めたポイントは本人名義のメトロポイントに貯まって結局上限は月18000ANAマイルになってしまいます。夫婦で毎月36000ANAマイル貯めるのであれば2枚分の年会費を払って(ここはケチってはダメ)ソラチカルートを2本用意しましょう。

②ANAマイルになるまで時間がかかる
まずポイントサイトで案件をこなしポイント付与されるまでに1ヶ月~2ヶ月、貯めたポイントをANAマイルに交換するのにさらに2ヶ月~3ヶ月くらいかかってしまいます。ここがネックですがこればかりはどうしようもありません。どうしても最初はマイルが貯まるまで時間がかかってしまいますが一度ソラチカルートを回しだすとあとは毎月18000ANAマイルを生み出すマイル製造機になります。

最初だけは我慢して待ちましょう。そうすればその内マイルが貯まり過ぎて使い切きれなくなります。マイルが貯まり過ぎてソラチカルートを止めたい場合はポイントサイトのポイントをPeXに移してPeXで保管しておけばPeXのポイントは1年に1度ログインするだけで有効期限は無期限になるので、あとは必要に応じてソラチカに交換していけば良いですね。これでマイルの弱点でもあった有効期限3年の問題も簡単にクリアできます。

ソラチカのお得な入会方法

ソラチカを発行する際はマイ友プログラム・ポイントサイト・ANAのキャンペーンの3つを併用できます

①マイ友プログラムに登録で500ANAマイル・ゴールドカードは2,000ANAマイル
マイ友プログラムは紹介で初めてANAカードを作る場合は通常の入会ポイントとは別でANAマイルがもらえるボーナス特典です。

こちらの登録用ページ紹介者とあなたの情報を入力してから発行するとソラチカなら500ANAマイル・ゴールドカードなら2,000ANAマイルもらえます。
紹介者がいない場合はぜひ私から紹介させて下さい

  • 紹介者氏名 ヨシダ ヒデオ
  • 紹介番号  00050429

このボーナス特典は過去にANAカードを作ったことがある人は対象外です。初めて作る方のみ適用されます。また登録後3ヶ月以内にANAカードを作らないとポイントがもらえなくなります。

②ポイントサイトからソラチカを申し込む
もうこれはお金をかけずマイルを貯めるなら当然のことですよね。
この記事を書いてる時点ではECナビから作ると65,000pts=6,500円=5,265ANAマイルもらえます。
ECナビのトップページにある検索欄に【ソラチカ】と入力し検索し、ソラチカが表示されたら画像をクリックして入会ページに飛びます



次にカード発行に伴い個人情報を入力します。既にANAカードを持っている方はここで【お客様番号】を入力すればこれまで貯めていたANAマイルと自動合算されます。次に【ポイント移行コース】ですが、ここは基本スペックの項目でも説明した通り、移行手数料がかからずマイルへの移行が簡単な『マイル自動移行コース(5マイル)』を選びます(あくまで私のオススメ)


あとは個人情報を入力すれば2週間ほどで発行されます。

③ANAのキャンペーンを利用する
特典1:まずは1月15日~4月30日までにカード発行を申し込み5月31日までに発行します。発行後必ずキャンペーンへ登録して下さい。

特典2:カード決済でポイントがもらえるものです。


入会から2ヶ月~2ヶ月半の間で150,000~499,999円(税込)使えば3,000ANAマイル、50万円使えば15,000ANAマイルです。
還元率を見ると15万円使ってもらえるのは3,000ANAマイル+750ANAマイル(カード決済)=3750ANAマイルとなり還元率は2.5%
50万円使った場合は15,000ANAマイル+2,500ANAマイル(カード決済)=17,500ANAマイル=還元率3.5%に上がります。

マイル還元率3.5%という高還元率は入会キャンペーンの特権です。入会時だけはソラチカを優先的に使いましょう。

50万円もどうやって使うか

2ヶ月半で50万円使うのは結構ハードルが高いですね。私ならまず限度額いっぱいまでnanacoかANAプリペイド(JCB)にチャージして使います(ソラチカからnanacoやANAプリペイド(JCB)にチャージした際はカード決済でもらえる0.5%はもらえません)

ただJCBは通常のカード決済上限とは別に電子マネーチャージの上限を設けています。カード発行当初は10万円程度が多いので2ヶ月ではせいぜい20万円くらいしかチャージ出来ません。つまり残り30万円は通常決済で使わなければなりません。あとはAmazonギフト券を買ったりドットマネーの高額案件を買うことくらいでしょうか。

あるいはモッピーの裏技を使えば決済額を上げたうえでお金も2万円程度もらえます。

どう使うにせよ、50万円をクリアできなければ無理にソラチカを使う必要はありません。その場合はソラチカは使わないカードとして閉まっておきましょう。大切なお金ですマイルを貯めるためとはいえ決して無駄遣いしないで下さい。

お終い

関連記事

12 Comments

せんとらる

Gポイント(どこもそうかも知れませんが)は今日Gポイント経由で何処か買い物しても、ポイント付与が2ヶ月後3ヶ月後というのが多いです。

買い物してすぐにポイント交換すると、ポイント付与までに還元期間過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

2ヶ月に1回程度、定期的に買い物してれば問題無いかもしれませんが、他より還元率が低いので敢えてGポイントを選ぶ理由が無いが困りものです。

返信する
sorakara-mile

そうなんですよ〜なのでキャッシュバック対象になってからポイント交換するのが確実です。
還元率が低いので購入金額が少ない時に利用すると良いですよね。自分はお布施だと思って定期的にGポイント使ってます😅

返信する
名無し

Gポイントの還元は、スマホアプリダウンロードが早くて(1週間弱)お手軽です。ゲーム系のダウンロード→起動だけで済むものがおすすめです。
還元対象の表記がなくても、ほとんどは対象になっています。

返信する
sorakara-mile

スマホアプリは考えてなかったです!ココのポイントサイトのスマホアプリが良い(1つでも良いので出来ればタイトル名も)など教えてもらえると嬉しいです!

返信する
かず

いつも貴重な情報ありがとうございます!
これから妻のソラチカカードを早速作らせようと考えています(私の家族として家族カードになってるので、退会させて、本名義として新規で作らせる予定です)。

ちなみになのですが、ソラチカカードは私と妻と夫々が本名義(妻を家族カードとせずに本契約にする)とすべしとのことで理解したのですが、ソラチカカード以外のクレジットカードを妻に作らせる場合は妻は私の家族として家族カードを作らせる方が吉でしょうか?
それとも、この場合も妻は本名義で作らせるべきでしょうか?

審査等の観点で、この辺りがよくわかってないので、もしご存知でしたら教えて下さいm(_ _)m

返信する
sorakara-mile

かずさん
ソラチカに限らず全てのカードで奥様本人名義で作った方が良いと思います。家族カードを作ってもらえるポイントより、本人名義で作った方が入会ポイントが多くもらえるというシンプルな理由です。
審査については奥様に収入があるかどうかで変わってきます。既に読んでいるかもしれませんがこちらに私の経験やカードごとの審査の難易度を書いてます。
https://www.sorakara-mile.com/entry/2018-07-25-161333
無収入で自分名義でクレジットカードを作ったことが無ければ審査の緩い楽天カードなどを作って数ヶ月利用すれば、その後はゴールドカードとかでなければまず審査は通ると思って下さい(⌒∇⌒)

返信する
かず

早速のご返信誠にありがとうございます!
よく理解できました。

ちなみになのですが、妻の収入は不明瞭なのですがその場合、適当に(妥当・適切に)1000万円です!みたいな感じでカード会社宛申請しても問題ないですか?
年収のエビデンスは不要と思いますが、その辺ってどうなんでしょう???

返信する
sorakara-mile

かずさん
奥様の年齢・職業を鑑みて常識とかけ離れた金額でなければ確認は無いので大丈夫です。
あと一度1000万で申請したらその後のカード発行も同額程度で申請して下さい。前回1000万で申請したのを忘れて今回は600万とかはやめましょう。申請金額が大きく上下するのは宜しくありません。基準の申請金額は忘れないようにして下さい。
というか1000万あってクレヒスあればブラックカード以外は作れます(^ー^)

あとカード会社によってはカード申し込み後、本人確認のため電話することがあるので奥様にこのカードを今日申し込むという旨を事前に話した方が良いです。特にセゾン系は絶対本人確認の電話がかかってきます。その電話を3回くらい取らないでいると職場にかけてくるので気を付けて下さい☆

返信する
かず

ありがとうございます。
妻は資産管理会社(一人会社)の代表をしているのですが(実質的には主婦です)、そこからの給与があるということで年収をそれなりの金額にしておくというのも審査を通りやすくすという観点で得策でしょうか?

又、クレジットカード発行の際に引き落とし銀行口座を登録することになると思いますが、その銀行口座は三菱銀行等のメガバンクにしておいた方がよろしいでしょうか?住信SBIネット銀行などのネット銀行でも審査上問題無いでしょうか?

sorakara-mile

かずさん
定期的な給与があるという意味で大きな長所ですね。
引き落とし口座はメガバンクでもネット銀行でも審査に影響はありません。ネット銀行も立派な銀行ですし、カード会社からしたら利用したお金を払ってくれれば構わないわけですから(^^♪

だいき

いつも貴重な情報ありがとうございます。
一人あたり年間21.6万ANAマイルを溜めるの凄いと思ったのですが、これってポイントサイト経由クレジットカードを毎月1枚ずつ作るってだけで達成できるものですか?
クレカ一枚あたり良くて1.2万ANAマイルとかだと思うので、普通にやったら年間15万ANAマイルしか溜まらないんじゃない??と素朴に疑問に思い、教えて下さいm(__)m 管理人様はどうやって年間21.6万ANAマイル溜めてらっしゃるんですか?

返信する
sorakara-mile

クレカ発行だけでは21.6万マイルは貯まりません。
そこでhttps://www.sorakara-mile.com/entry/2018-07-08-073000とhttps://www.sorakara-mile.com/entry/2018-04-26-063000にも書きましたが、外食して4,000~5,000ANAマイル貯まるものを毎月1・2回必ずやってます。これで6・7万マイルは確保できます。あと単発もので高ポイントのデビットカード発行・住宅ローン仮申請・ネスレのキャンペーンなどやれば21.6万マイル貯まります。
あまり細かいものまでやると長続きしないので21.6万マイル貯められなくても、簡単・高ポイントのものに絞ることをオススメします。
あと年会費約3万円かかるのでブログでは書いてませんが、3ヶ月で90万円カードを使えば77,000ANAマイルという大量マイルがもらえるカードもあるの、そういうカードを作ればより貯まります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA