【緊急・一撃1万マイル】年会費無料で13,000円もらえANAマイルにもできるライフカード






12月にブログのおまけ記事として書いた『ライフカードビジネスライト』。12月の時点では年会費無料のカードがECナビで13,000円で出てますよ!とだけ書いたのですがビジネスカードという特性上、問い合わせが多かったので記事にします。
ビジネスカードだから会社員・専業主夫(婦)の自分には無理!と思い最初から諦めてしまうのはもったいないかしれません。決算書・登記簿謄本など全て不要で簡単に申し込めます。広告画面に『スタートアップ企業・フリーランスの方にも』とあるので門戸はかなり広げられています。記入例など細かく書いたので読んでから判断しても良いと思います。

ライフカードビジネスライト

まずはポイントサイトごとのポイントを見てみましょう

  • ECナビ:11,000円相当
  • モッピー:10,000円相当
  • ポイントインカム:13,000円相当

ECナビは昨日まで13,000円でしたが今日から2,000円下がってしまいました。当初は1月末まで13,000円の予定でしたが申込者が多いとどうしてもポイントが切り下がっていきます。なので今ならポイントインカム経由で発行しましょう。このポイントも1月15日までだし広告費の都合上突然下がる可能性もあるので申し込むなら早めにやりましょう。

モッピーはJALマイルに高レートでポイント交換出来る唯一のサイトなのでJALマイラーはモッピー、ANAマイラー・現金派の方はポイントインカムで申し込むと良いですね。
ポイントインカムを知らない方はこちらをご覧ください

モッピーについてはこちら

ポイント獲得条件
新規カード発行月の翌月末までに5千円(税抜)以上の利用
「ライフカードビジネスライト ゴールド」を所持している場合はポイント追加の対象外

ライフカードを既に持っている方でも『ライフカードビジネスライト』の発行が初めてであればポイントがもらえます。
ライフカードビジネスライトには『ゴールドカード』と『スタンダード』の2種類あり、今回はどちらを作ってもポイント数が同じなので年会費無料で審査も緩い『スタンダード』を作りましょう。

ポイント獲得条件に【ゴールドを所持している場合はポイント追加の対象外】とありますが、言い換えれば今回スタンダードを作って、またポイントが上がってきた時にゴールドカードを作ればその時もポイントがもらえるので今回作るのはスタンダード一択です。

スタンダードに付いてくる特典

スタンダードカードはいくら使ってもポイントは付かないんですが通常のクレジットカードとは異なったびじねすカードならではの特典があります




ライフカードビジネスライトの申し込み方

実際の申し込み方や入力内容をポイントインカムの画面で見ていきます。
ポイントインカムの検索窓に【ライフ】と入力し表示された【130,000pts】をクリックします

【ポイントを貯める】⇒【ネットでいつでも今すぐお申込み】

【ご希望のカード】は赤枠の中から好きなブランドを選んで下さい。一番下にある【ご利用予定金額】は私は20万円と入力しました。実際に使うかどうかではなく目安なのである程度の金額を入れておいた方が良いです(ビジネスで月20万はかなり低い方です)利用金額を入れたらそのあとに続く個人情報を入力して下さい

一番迷うのは個人情報を入力し終わったあとに表示される『お勤め先』です。あくまで一例ですがこんな感じに入力していきます。

法人名は無しで住所は自宅でも大丈夫でした。業種は不動産賃貸業とかブログ運営とかコンサルタントとか・・・世の中には色んな仕事がありますよね?しかも仕事内容と年収はあくまで自己申告です

もう一度言います。あくまで内容は自己申告です。真偽の確認はありません。

創業からの期間も自己申告です。あとは暗証番号やパスワードを入力してお終いです。申請後数日で封筒が届くので引落口座を記入し、免許証のコピーを同封して返送して下さい。

過去に書いたビジネスカードの記事です。参考までに

まとめ

i以前も書きましたがビジネスカードというだけで敷居が高く感じると思いますが、こういう超高ポイントは広告費用が潤沢に用意されている新規参入だけの場合がほとんどです。スタンダードであれば驚くほど簡単なので是非作りましょう。実際私も私・妻で2枚発行できました。1枚5分もあればできるので2枚を10分で作って36,000円・・・このポイントを逃すのはもったいないですよ~。

おすすめ記事

マイルの基本的な考え方が書いてあります

こちらは超人気の裏技です

おしまい





12月にブログのおまけ記事として書いた『ライフカードビジネスライト』。12月の時点では年会費無料のカードがECナビで13,000円で出てますよ!とだけ書いたのですがビジネスカードという特性上、問い合わせが多かったので記事にします。
ビジネスカードだから会社員・専業主夫(婦)の自分には無理!と思い最初から諦めてしまうのはもったいないかしれません。決算書・登記簿謄本など全て不要で簡単に申し込めます。広告画面に『スタートアップ企業・フリーランスの方にも』とあるので門戸はかなり広げられています。記入例など細かく書いたので読んでから判断しても良いと思います。

ライフカードビジネスライト

まずはポイントサイトごとのポイントを見てみましょう

  • ECナビ:11,000円相当
  • モッピー:10,000円相当
  • ポイントインカム:13,000円相当

ECナビは昨日まで13,000円でしたが今日から2,000円下がってしまいました。当初は1月末まで13,000円の予定でしたが申込者が多いとどうしてもポイントが切り下がっていきます。なので今ならポイントインカム経由で発行しましょう。このポイントも1月15日までだし広告費の都合上突然下がる可能性もあるので申し込むなら早めにやりましょう。

モッピーはJALマイルに高レートでポイント交換出来る唯一のサイトなのでJALマイラーはモッピー、ANAマイラー・現金派の方はポイントインカムで申し込むと良いですね。
ポイントインカムを知らない方はこちらをご覧ください

モッピーについてはこちら

ポイント獲得条件
新規カード発行月の翌月末までに5千円(税抜)以上の利用
「ライフカードビジネスライト ゴールド」を所持している場合はポイント追加の対象外

ライフカードを既に持っている方でも『ライフカードビジネスライト』の発行が初めてであればポイントがもらえます。
ライフカードビジネスライトには『ゴールドカード』と『スタンダード』の2種類あり、今回はどちらを作ってもポイント数が同じなので年会費無料で審査も緩い『スタンダード』を作りましょう。

ポイント獲得条件に【ゴールドを所持している場合はポイント追加の対象外】とありますが、言い換えれば今回スタンダードを作って、またポイントが上がってきた時にゴールドカードを作ればその時もポイントがもらえるので今回作るのはスタンダード一択です。

スタンダードに付いてくる特典

スタンダードカードはいくら使ってもポイントは付かないんですが通常のクレジットカードとは異なったびじねすカードならではの特典があります




ライフカードビジネスライトの申し込み方

実際の申し込み方や入力内容をポイントインカムの画面で見ていきます。
ポイントインカムの検索窓に【ライフ】と入力し表示された【130,000pts】をクリックします

【ポイントを貯める】⇒【ネットでいつでも今すぐお申込み】

【ご希望のカード】は赤枠の中から好きなブランドを選んで下さい。一番下にある【ご利用予定金額】は私は20万円と入力しました。実際に使うかどうかではなく目安なのである程度の金額を入れておいた方が良いです(ビジネスで月20万はかなり低い方です)利用金額を入れたらそのあとに続く個人情報を入力して下さい

一番迷うのは個人情報を入力し終わったあとに表示される『お勤め先』です。あくまで一例ですがこんな感じに入力していきます。

法人名は無しで住所は自宅でも大丈夫でした。業種は不動産賃貸業とかブログ運営とかコンサルタントとか・・・世の中には色んな仕事がありますよね?しかも仕事内容と年収はあくまで自己申告です

もう一度言います。あくまで内容は自己申告です。真偽の確認はありません。

創業からの期間も自己申告です。あとは暗証番号やパスワードを入力してお終いです。申請後数日で封筒が届くので引落口座を記入し、免許証のコピーを同封して返送して下さい。

過去に書いたビジネスカードの記事です。参考までに

まとめ

i以前も書きましたがビジネスカードというだけで敷居が高く感じると思いますが、こういう超高ポイントは広告費用が潤沢に用意されている新規参入だけの場合がほとんどです。スタンダードであれば驚くほど簡単なので是非作りましょう。実際私も私・妻で2枚発行できました。1枚5分もあればできるので2枚を10分で作って36,000円・・・このポイントを逃すのはもったいないですよ~。

おすすめ記事

マイルの基本的な考え方が書いてあります

こちらは超人気の裏技です

おしまい





12月にブログのおまけ記事として書いた『ライフカードビジネスライト』。12月の時点では年会費無料のカードがECナビで13,000円で出てますよ!とだけ書いたのですがビジネスカードという特性上、問い合わせが多かったので記事にします。
ビジネスカードだから会社員・専業主夫(婦)の自分には無理!と思い最初から諦めてしまうのはもったいないかしれません。決算書・登記簿謄本など全て不要で簡単に申し込めます。広告画面に『スタートアップ企業・フリーランスの方にも』とあるので門戸はかなり広げられています。記入例など細かく書いたので読んでから判断しても良いと思います。

ライフカードビジネスライト

まずはポイントサイトごとのポイントを見てみましょう

  • ECナビ:11,000円相当
  • モッピー:10,000円相当
  • ポイントインカム:13,000円相当

ECナビは昨日まで13,000円でしたが今日から2,000円下がってしまいました。当初は1月末まで13,000円の予定でしたが申込者が多いとどうしてもポイントが切り下がっていきます。なので今ならポイントインカム経由で発行しましょう。このポイントも1月15日までだし広告費の都合上突然下がる可能性もあるので申し込むなら早めにやりましょう。

モッピーはJALマイルに高レートでポイント交換出来る唯一のサイトなのでJALマイラーはモッピー、ANAマイラー・現金派の方はポイントインカムで申し込むと良いですね。
ポイントインカムを知らない方はこちらをご覧ください

モッピーについてはこちら

ポイント獲得条件
新規カード発行月の翌月末までに5千円(税抜)以上の利用
「ライフカードビジネスライト ゴールド」を所持している場合はポイント追加の対象外

ライフカードを既に持っている方でも『ライフカードビジネスライト』の発行が初めてであればポイントがもらえます。
ライフカードビジネスライトには『ゴールドカード』と『スタンダード』の2種類あり、今回はどちらを作ってもポイント数が同じなので年会費無料で審査も緩い『スタンダード』を作りましょう。

ポイント獲得条件に【ゴールドを所持している場合はポイント追加の対象外】とありますが、言い換えれば今回スタンダードを作って、またポイントが上がってきた時にゴールドカードを作ればその時もポイントがもらえるので今回作るのはスタンダード一択です。

スタンダードに付いてくる特典

スタンダードカードはいくら使ってもポイントは付かないんですが通常のクレジットカードとは異なったびじねすカードならではの特典があります




ライフカードビジネスライトの申し込み方

実際の申し込み方や入力内容をポイントインカムの画面で見ていきます。
ポイントインカムの検索窓に【ライフ】と入力し表示された【130,000pts】をクリックします

【ポイントを貯める】⇒【ネットでいつでも今すぐお申込み】

【ご希望のカード】は赤枠の中から好きなブランドを選んで下さい。一番下にある【ご利用予定金額】は私は20万円と入力しました。実際に使うかどうかではなく目安なのである程度の金額を入れておいた方が良いです(ビジネスで月20万はかなり低い方です)利用金額を入れたらそのあとに続く個人情報を入力して下さい

一番迷うのは個人情報を入力し終わったあとに表示される『お勤め先』です。あくまで一例ですがこんな感じに入力していきます。

法人名は無しで住所は自宅でも大丈夫でした。業種は不動産賃貸業とかブログ運営とかコンサルタントとか・・・世の中には色んな仕事がありますよね?しかも仕事内容と年収はあくまで自己申告です

もう一度言います。あくまで内容は自己申告です。真偽の確認はありません。

創業からの期間も自己申告です。あとは暗証番号やパスワードを入力してお終いです。申請後数日で封筒が届くので引落口座を記入し、免許証のコピーを同封して返送して下さい。

過去に書いたビジネスカードの記事です。参考までに

まとめ

i以前も書きましたがビジネスカードというだけで敷居が高く感じると思いますが、こういう超高ポイントは広告費用が潤沢に用意されている新規参入だけの場合がほとんどです。スタンダードであれば驚くほど簡単なので是非作りましょう。実際私も私・妻で2枚発行できました。1枚5分もあればできるので2枚を10分で作って36,000円・・・このポイントを逃すのはもったいないですよ~。

おすすめ記事

マイルの基本的な考え方が書いてあります

こちらは超人気の裏技です

おしまい


4 Comments

うみみまる

こんばんは。空からさんの記事いつも楽しみに拝見させて頂いてます。
この記事と関係ない話で申し訳無いのですが、
2020年1月12日〜2020年1月25日の間に楽天デビットカード(JCB)を1回につき1500円以上で2回利用すると楽天ポイント500ポイントがもらえる
キャンペーンが行われております。
このブログにあったnanacoチャージの記事を参考にnanacoに5000円
チャージを2回行って、楽天ポイント500ポイントを無事もらえました
(^-^)

返信する
sorakara-mile

うみみまるさん

コメントありがとうございます!
記事にしたいと思い家族のを含めた4アカウントで調べましたが残念ながら表示されてませんでした。我が家は対象外のようですね(^-^;

返信する
さくら

はじめまして。
いつも有益な情報をありがとうございます♪
今回のライフカード作りました。
カードの使用方法ですが、Kyashへのチャージ5500円分でも大丈夫でしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA