空からマイルが降ってくる

節約(マイル)・投資に関するブログです

自動車保険をとことん安くする方法

f:id:nenkin-mile:20170717011627j:plain

万が一・・・万万が一のためにも絶対に入っておかなくてはいけない自動車保険.。
ですが保障内容が同じにもかかわらず契約の仕方でかなり金額が変わります。
そこで私がカモになった話と現在やっている節約方法を書きたいと思います。

割高な契約方法

自動車保険で最も高い契約方法は車を買った自動車屋さん(ディーラー・中古車含む)から勧められるままに入る保険です。自動車屋さんから紹介されると何となく「車のプロだから」という安心感で入ってしまいがちです。まして初めて車を買う方なら尚更です。

あるいは「友達が自動車屋さんで働いているからそこで安く車を買える。」何て言ってる人もその友達が勧めるままに保険に入ると、車を安く買って高い保険料で元が取られてるなんてこともあります。

どういうことかと言うと、多くの場合自動車屋さんは特定の保険会社と代理店契約(保険会社の代わりに保険を勧めること)をしています。代理店契約をすることでその保険会社の契約を取ると手数料が支払われる仕組みです。その手数料を誰が払うかというと、当然私たちが払う保険料から払われます。つまり、保険料が割高になります。
ネットで簡単に申し込めるのになぜ手数料を払ってまで自動車屋さんで申し込む必要があるんでしょうか。

彼らがよく言うのは「ネットだと事故の時自分で手続きしないといけないから大変です。店舗も無いのでいざという時に困ります。その点、こちらの保険なら当店が代理店なので、当然店舗もあり、自動車のプロですから事故の時は工場の手配からレッカーまでお客様に代わって手配出来ます。」
みたいなことを言います。

嘘ではありませんが、本当にお客本位か考えた方が良いです。

理由は代理店契約とネット契約の金額が全然違ったから

きっかけは10数年前に子どもが免許を取ったのを機に車を買ったことです。
それまで我が家は車が無く不便を感じつつも我慢していましたが、子どもが免許を取ったのをきっかけに買うことにしました。

車のことなんて全く分からない私たち夫婦はネットで探して初めての1台を買いました。
当然保険のことも分からず、中古車屋さんに言われるがままに入りました。金額は年間15万円です(21歳の子どもも乗れる契約です)。50万の車を買うのに15万も保険で払うのかと驚きましたが、保険に詳しい知り合いもいないので契約しました。
今から思えば良いカモです(涙)
契約更新の時期になり中古車屋さんから電話があり「今年は13万円に下がりました」と言われ、「2万円も下がるなんてやった!」と思いましたが、ふと、保険をネットで調べてみようと思いました。すると保険の一括見積サイトが出てきました。
入力は今の契約内容を入れるだけ。簡単なので見積りを取ってみると、同じ保障内容なのに見積をりをくれた業者(全て大手)は高くても6万円でした。実に7万円も多く払うところでした。それと同時に「どれだけ手数料取ってるのよ!」という怒りもこみ上げてきました。

情報を知らないということはそれだけ対価を払うんですね。高い授業料ですが勉強になりました。

 

実際に事故が起きたら

店舗があろうが無かろうが同じ契約をしていれば支払われる保険金は同じです。
子どもが過去に車対車で擦ったことがありました。1度は、免許取り立ての中古車屋さんで契約した保険の時です。2度目はネットで契約している時。
代理店契約の場合は
①保険会社②代理店の順に連絡します。
代理店に電話すると「相手との連絡は全てこちらでやります。安心して下さい。と言われました。

ネット契約の場合は
保険会社だけ電話連絡します。
こちらでも同じく「相手との連絡は全てこちらでやります。」と言われました
どっちだって同じじゃん!「安心して下さい。」の一言のために7万も多く払ってたかと思うとバカバカしくなります。
しかも保険会社と代理店2つ電話する分手間ですし!
ネット保険だからって電話すれば丁寧かつ迅速に対応してくれます。それはどちらで契約しても同じです。

分からないことがあれば教えてくれます。どこで直したら良いか分からない時は工場だって教えてくれます(板金ならオートバックスなどでもやってくれます)、契約してないレッカー移動だって手数料さえ払えば工場まで持ってってくれます。

そう考えると代理店に毎年数万円も手数料払うのがいかに不要なことか分かると思います。

比較するならどの見積りサイトが良い?

どこでも良いです(笑)
どこで比較しても見積りをくれるのは大体同じ保険会社です。会社が同じであれば保険金額はほぼ同じです(まれに違うことがありますが数百円程度です)。サイトによって保険会社からもらう手数料が違うのでは?
手数料が違えば代理店のように保険料が大きく異なるのでは?
と思って複数のサイトを片っ端から申請してみましたが値段は変わりませんでした。保険会社からサイト会社に払ってる手数料はほぼ同額なんだと思います。

どの見積りサイトを利用しても良いですが、申し込む際はポイントサイト経由で申し込んで下さい。
例えばパナソニックコインクラブというサイトを通して価格.COMの自動車保険見積りを申請すれば2500円相当のポイントがもらえます(現金に出来ます)。
ハピタスを通してインズウェブ自動車保険の見積りを申請すれば1000円もらえます。見積り会社が違うのでそれぞれで申し込んで大丈夫です。ハピタスを通して申し込む時はハピタスに登録してるメールアドレスと同じアドレスで申請しないとポイントがもらえないので気を付けて下さい。

電話による勧誘は一切無く見積りだけして申し込まなくてもポイントはもらえます。

直接見積りサイトから見積りを依頼しても何のポイントももらえません。必ずポイントサイトを経由するようにして下さい。

 

息子が契約している保険会社

息子はチューリッヒで契約しています。昨年もチューリッヒでその前はSBIでした。いつもこの2強が争っている感じです。
チューリッヒは1度契約すると翌年は自動更新される設定になっています。自動更新の際の料金は対人・対物無制限・車両保険無し・弁護士特約つけて23500円でした。
しかし比較サイトで見積りをしたところSBIが21800円で最も安くなっていました。
ただこの比較サイトでの見積りに契約中のチューリッヒからの金額提示はありませんでした。そこでチューリッヒのサイトから直接見積りを申請すると21500円+図書券1500円分プレゼントとなっていたので、最終的にチューリッヒで自動更新ではなく新規申し込みをしました。
チューリッヒで契約中の方は継続せず新規で契約した方が良いです。

結果
ポイント3500円≒3150マイル+図書券1500円もらえて保険料は21500円でした。
車を持っている人なら必ず申し込む自動車保険はマイルを貯める&節約する絶好の場です。どうせ毎年払うものでマイルが貯まるのは嬉しいですね。必要なことをしてマイルを貯めるのが長く貯め続けるコツだと思います。

関連記事

ポイントサイトについて知りたい方はこちらを見て下さい

ハピタスについてはこちら

 

 

 


にほんブログ村

SFC修行 事前準備・リムジンバス・ラウンジについて

SFC修行の事前準備といえばANAVISAゴールドカードを作ることやマイルを貯めて修行費用を捻出することですが、今回は6月に修行を解脱した息子の事前準備と修行のルーティーンを紹介します(息子から聞いた話を書いています)。

SFC修行は家を出る前から始まります。

事前準備

①酔い止め   乗り物に弱くない方にもオススメ
少しでも体調が悪くなる方はぜひ飲んで下さい! 私は特別乗り物酔いするわけではないので、SFC修行の最初の2回は酔い止めを飲まずに修行したんですが、1日の修行が終わると何となく胃がムカムカしていました。こういう方って結構多いと思うんですよね。酔い止めを飲むほどじゃないけど少し酔ってしまう人。私は思いっきりこのタイプで、酔い止め飲んだら乗り物酔いしてることを認めるようで何となく拒んでました。

でも少しとはいえ胃がムカムカしたまま過ごすのイヤだなぁと思い、3回目から試しに酔い止めを飲んでみました。すると胃のムカつきが無くなくなるのはもちろん、修行の疲れ自体が物凄く減ったんです!おそらく少しの胃のムカつきでも1日続くと疲れが蓄積されるんでしょうね。修行の翌日は必ず仕事だったので酔い止めを飲んむこととで疲れが残らないのは有り難かったです。

オススメの酔い止めは?

酔い止めはたくさん種類があり値段もピンキリです。薬剤師さんに聞いたところ「値段の違いは広告費の違いで効果の差は無いです。だから一番安いので良いですよ」とのこと(お客本位の素敵な薬剤師さんです)。
酔い止めの違いは4時間持続するか6時間持続するかの違いだけ。
そこでオススメするのがアネロンです。

f:id:nenkin-mile:20170708200855p:plain
アネロンは6時間持続するタイプで、6カプセル入、820円でした。値段も4時間タイプのものと比べても値段が30円くらいしか変わらないので6時間タイプが良いです。

SFC修行は自宅から宮古島までの往復で11時間近くかかったので6時間タイプだと2回飲めば良いので楽です。

と思ったら、1日1回と書いてありました・・・
知らずに1日2カプセル飲んでました。私は問題ありませんでしたが飲む回数は自己責任でお願いします((^^;

②漫画×株主優待
SFC修行で一番退屈なのが移動時間です。私の場合バス・飛行機合わせて往復9時間。ただボーッとしてるにはあまりに長い。しかもANA国内線はプレミアムクラスといえどモニターが無く映画も見れません。そこで移動中の過ごし方として漫画を読むことにしました。

漫画はゲオでレンタルします。
料金は1週間レンタルで1冊90円。10冊借りるとセット料金で10冊700円になります。
これをゲオの株主優待を使って支払います。ゲオの株主優待はいつでもDVDや漫画のレンタル料金が半額になる優れものです。
使い方は簡単で、レンタルする際に会員証と優待券を一緒に出せば登録してくれます。1度登録してもらえば優待券の有効期限まで(半年間)支払いの時に自動で半額にしてくれます。

ゲオの株主優待のスゴいところはセット料金も半額になること!10冊700円のセット料金が半額の350円で借りられます。激安です!

10年ぶりくらいに漫画を読むので何が人気なのか分からず、人気そうだったキングダムと進撃の巨人を借りました。今更だと思いますが両方面白いですね~。特にキングダムは戦場の臨場感が凄すぎて、自分がその世界に入りこんでるみたく感じました。これは効果てきめん。どんどん続きが読みたくなるので最初は憂鬱だった修行が2回目から行きたくてしょうがなくなりました(笑)

酔い止めと漫画をレンタルして事前準備を終えたら出発です。

宮古島行の飛行機は1日1便で11時55分発。石垣島行も遅い便を選べば11時50分発なので朝はゆっくり出来ます。

 

リムジンバスの乗り方

空港までは毎回新百合ヶ丘~羽田行きのリムジンバスを利用しました。
新百合ヶ丘~羽田のリムジンバスは
①羽田行は事前予約が出来ない(成田は出来る)
SFC修行で8回乗りましたが、新百合ヶ丘~羽田行きは事前予約出来ないものの満席になることはありませんでした。8回乗ったうち一番多い時でさえ半分くらいです。繁忙期以外座席の心配はありません。

②行きの乗車券の買い方は、バス停で回数券か現金で支払うorバス車内でICカードで支払う
③帰りの乗車券の買い方は、羽田空港内で購入。回数券・ICカード・現金・クレジットカードのいずれかで支払う
回数券はバス停で並んでいると売ってもらえます。17枚綴りで1万円。これを片道2枚使います。4.5回乗車出来ますね。値段は約35%引きなのでかなりお得です。また新百合ヶ丘~羽田のリムジンバスは有効期限が無いので修行で使いきれなくても今後使いそうな方は迷わず回数券で良いです。
私の場合、修行こそバスでしたが、修行後の旅行は空港まで車で行く予定なので回数券は1セットだけ買いました。8回の修行のうち、行きは全て回数券で払い(16枚使用)、帰りは1度だけ回数券の余り1枚とクレジットカードを併用して乗車券を購入。他7回はクレジットで支払いました。帰りのみクレジット払いが出来るので、私のように修行後リムジンバスを使う予定の無い方はこの支払い方が良いと思います。

④小田急バスだけ車内にトイレがある
リムジンバスは様々な鉄道会社が運航しています。同じ新百合ヶ丘~羽田でも運行会社が異なり、その中でも小田急バスだけがトイレを設置しています。
まぁこれを重視するかは人それぞれですね。
回数券は運行会社が違っても利用できます。

⑤国内線第2ターミナル
降りるターミナルが分からず、降りる直前に焦って運転手さんに聞いている方がたまにいますがANAに乗る際は国内線第2ターミナルです。バスの中にも書いてあります。

 

空港での過ごし方

空港に到着するのはいつも決まって出発の1時間半前です。40・50分前でも大丈夫ですがかなり心配性なので、バスが遅れた時のことを考え早目に着くようにしてました(1度も遅れませんでしたが)。
以下は羽田第2ターミナル2Fの案内図です。私はいつも①~④の順に移動して行きます。

f:id:nenkin-mile:20170708201838p:plain

①の青い矢印から空港に入り、最初に向かうのが千疋屋(②の赤い矢印)です。

f:id:nenkin-mile:20170708202819j:plain

どれも美味しそうですね~。この中で私が食べるのはいつも左上のマンゴーのオムレット(¥360×税)。これをラウンジで食べるのがたまらなく幸せです☆

オムレットを買ったらチェックイン(手荷物検査)に向かいます。
行きの飛行機は必ずプレミアムクラスを取っていたのでプレミアムチェックイン(手荷物検査)から入ります。
場所はCの旗(案内図③の赤丸)の目の前。他にもチェックイン場所はありますが、ここから入るのがお目当てのラウンジに近いので好きです。

f:id:nenkin-mile:20170708203054j:plain

入口はこちら

f:id:nenkin-mile:20170708203222j:plainすぐ近くにスイートチェックインもあります。こちらはダイヤモンド会員専用です。
ダイヤモンド会員は毎年有償でSFC修行の2倍飛行機に乗る人たちです。自分はプレミアムクラスだから特別だ!なんて思ってこちらに入ると恥ずかしい思いをするので気を付けて下さい。

f:id:nenkin-mile:20170708203319j:plainプレミアムチェックインを通過すると千疋屋には寄れません。買う場合は必ず通過前に買って下さい。

ANAラウンジ

プレミアムチェックイン終え、左に進むと待望のANAラウンジが見えてきます(④黄緑の矢印)。

f:id:nenkin-mile:20170708203443p:plain

入口はこんな感じです。
チェックインといいラウンジといい、入口に特別感があってイイですね~。
「ついにここまできたぞ!」という何とも言えない達成感が感じられます(#^^#)
ここを入るとエスカレーターがあり

f:id:nenkin-mile:20170708203555j:plain

これを上ると夢にまでみたANAラウンジです!

ここでラウンジの写真をドーン!

 

・・・と載せたかったんですが、ANAの綺麗なスタッフやビジネスマン達がいる中でカメラを撮る勇気がありませんでした。
ビジネスマンだらけの中私服で写真を撮るのはとても恥ずかしいです。
以下は公式HPの写真です。

f:id:nenkin-mile:20170708203713p:plain

f:id:nenkin-mile:20170708203840p:plain

実際のラウンジは写真と同じように落ち着いた空間で人も多くなくゆっくり出来ます。食べ物は個包装のスナックミックスが1つあるだけです。ちょっと寂しいですが飲み物はビール・日本酒・コーヒー・ジュース・青汁など種類が豊富で飲み放題です。

f:id:nenkin-mile:20170708204019j:plain

プレミアムクラス利用やANA上級会員であれば無料でラウンジ利用出来ますが、エコノミー搭乗者も3100円(税込み)払えば入れます。
ちょっと勇気のいる金額ですね。

ANAラウンジはここ以外にもう1つあり、置いてるものや作りはほぼ同じです。
私は④のANAラウンジの方が少し明るく感じるのと、宮古島・石垣島方面に行くときの搭乗口が近いのでこちらを利用してました(1回の搭乗で両方入れます)。

ラウンジに着いたら、いつもアイスカフェラテを作り(セルフ)先ほど買った千疋屋のマンゴーオムレットを食べるのが定番です。

f:id:nenkin-mile:20170708204307j:plain

苦めのアイスカフェラテとこのオムレットが美味しいんですよ~。マンゴーと掛け合わせた生クリームがた~っぷり入ってて、それでいて生クリームの脂肪分が少ないので重たくなく、マンゴーの果肉もしっかり入ってる!
たまに「あ~生クリーム食べたい!!」って時ありません?そんな時にはもってこいの一品です。
私はもうパブロフの犬のようになってて、羽田に着く=生クリームが食べたい!という頭になってしまったので毎回これを食べてました。

あー食べたくなってきた。。。


ラウンジのトイレだけは誰もいなかったため写真が撮れました。

f:id:nenkin-mile:20170708204552j:plain

近未来的なデザインでとってもオシャレ~なトイレです。しかもいつ行っても良い匂い。いわゆる芳香剤ではなく爽やかな香水のような香り。トイレで深呼吸したくなったのは初めてです。

ANAラウンジを満喫したら搭乗ですが、その前にもう1つのラウンジを紹介します。

カードラウンジ

f:id:nenkin-mile:20170708204737j:plain

そもそも空港にあるラウンジは航空会社が運営するラウンジとカード会社が運営するラウンジの2種類あります(青い丸で囲った所)。
カードラウンジはゴールドカード所有者なら誰でも無料で入れます。SFC修行で必須のANAVISAゴールドカードや年会費の安い楽天ゴールドカードなど多くのゴールドカードが対象なので所有者も多く、その分いつも混んでいます。カードが無くても1030円で入室出来ます。
広さはANAラウンジの1/5です。必要最小限ではありますが、喉を潤すだけなら十分です。

飲み物はソフトドリンクが無料でアルコールは有料です。
このラウンジの良いところは、朝出発の場合ベーグル&ベーグルのベーグルが2個まで無料で食べられます!4種類ほどの中から好きなものを選べます。しかもクリーム付きです。味はプレーン・メープル・ワイルドベリーの3種類です。ベーグル&ベーグルのクリームは良い値段するので無料で頂けるのは嬉しいですね。

f:id:nenkin-mile:20170708204849p:plain

朝だけに限ればANAラウンジよりオススメです(ANAもやってくれないかなぁ)。
数量限定ですが、私が6時40に行った時はまだ沢山ありましたし次から次へと補充されていました。
朝出発の方は是非みて寄って下さい。

関連記事


にほんブログ村

 

レシポで高額案件予告!

ミヤネ屋でレシポが取り上げられたことを記念してキャンペーンを行うそうです。
今回のキャンペーンを書く前にレシポがどんなものかご紹介します。
レシポとはその名の通りレシートを撮影してポイントがもらえるサイトです。

レシポの魅力1 商品が実質無料になる&申請が簡単!

このサイトの凄いところは買った商品金額の80%や90%、中には100%ポイント還元されるものがあることです。
100%還元であれば商品は無料でもらえることになります。

申請の仕方は簡単で、商品1つ(複数買っても1つだけ写っていれば良い)とレシートを一緒に写真に撮ってアプリで送ります。
例えば写真の(逆さに投稿してましたがこれでもOKです)KAGOME野菜生活は昨年12月に出てきた案件で、商品とレシートを一緒に撮れば110Pもらえるものでした。

f:id:nenkin-mile:20170629171034p:plain
レシートはコンビニで買ったものが対象で、商品価格は110円(税込)です。110円払って110Pもらえれば100%還元ですよね。
コンビニなのでファミマであればTポイント、ローソンであればポンタポイントもつきました。また現金払いという縛りも無かったのでクレジットカードでカードで支払いカードのポイントもつきました。
この時は1人45本までだったので45本×2(私と夫の分)買いました。レシートさえ分けてもらえば同時刻に同じ場所で買っても大丈夫なので、配偶者の分も買って帰ればひと手間でポイント2倍になるので良いと思います。
※写真は3本+レシートで写っていますが、1本+レシートで写っていれば大丈夫です。

写真を送ったら最後は選択式のアンケートに答えてお終いです。アンケートって結構時間がかかるのが多いですがレシポのアンケートは選択式を数問答えるだけなので10秒20秒で終わる本当に簡単なアンケートです。

 

レシポの魅力2 ポイントが使いやすい!

いくら100%還元と言ってももらったポイントが使いにくかったら意味がありませんよね?
レシポのポイントは使いやすさの面でもオススメです。
レシポのポイントは1P=1円相当の価値があり、交換先はAmazonギフト券、Quoカード、iTunesギフト、PeXがあります。
Amazonでよく買い物をする方はAmazonギフト券にしても良いですが、私のオススメはPeXです。PeXはポイント交換サイトの1つでレシポのポイントをPeXに交換することでポイントを現金にすることも出来るし、マイルが爆発的に貯まるソラチカに交換することも出来ます。
110P×45本分のポイントをマイルにしたら4950×0.9=4455マイル貯まります。4950円払って野菜ジュース45本+4455マイルもらえるって凄くないですか!?あまりに簡単にマイルが貯まるのでマイルのありがたみが薄れてきます(笑)

レシポの魅力3 ポイント付与が早い&誠実!

ポイントサイトは案件によってはポイント付与まで2ヶ月・3ヶ月かかることもありますが、レシポのポイント付与速度はズバ抜けて早いです!
早い時は5分くらい、通常でも1時間程度で付与されます。真夜中に申請しても5分後にポイント付与されてることもあるので、その時間に働かれている方がいるかと思うと頭が下がります。
また、過去にキャンペーンの記載を誤って配信したことがありましたがその時に誤配信に基づき買った人全員にポイントを全額付与したことがある非常に信用の高い会社です。今までキャンペーンを一方的に打ち切る会社はありましたが、このような利用者本位の対応をする会社は中々無いと思います。

今回のキャンペーン

①6/27~6/29(今日まで!)の間に新規でレシポに登録された方全員で5万ポイント山分けキャンペーン
②6/27~7/4の間でオススメアイコンが表示された商品を購入しポイントがついた方全員で10万ポイント山分けキャンペーン
③6/30に高還元商品掲載
高還元商品とありますが、今回はどんな商品がどれくらいの還元率になるかまだ公表されていません。ただ、告知の写真を見るとサッポロプラスとQTTAが写っています(笑)。 

f:id:nenkin-mile:20170629171200p:plain

サッポロプラス(トクホのノンアルコールビール)は160円(税込)でQTTA(カップラーメン)が216円(税込)で販売されています。ポイント還元は140P以上と書いてあるのでサッポロプラスが140PでQTTAはもう少し高くなるのかもしれませんね。
③で掲載される商品も②の10万ポイント山分けの対象となるそうです。
何が掲載されるのか楽しみですね。

人気の商品は募集人数が何千人といても1日ももたず終了してしまうことがあります。商品を買う直前にあとどれくらい募集人数があるか必ず確認して下さい。
HPで簡単に確認できます。

レシポの登録は公式HPからも出来ますが、アプリを登録した方が使いやすくて良いと思います。 


にほんブログ村

 

SFC修行 宮古島プレミアムクラスを予約する技・オススメの座席・スカイコインとクレジットの返金について

SFC修行をするにしろ旅行で飛行機に乗るにしろ航空券を予約しなくてはなりません。
旅行会社を通して予約する時、航空券の種類といえばエコノミーやビジネスクラスといった座席クラスだけを意識していると思いますが、自分で予約する時は座席クラス以外に選ぶものがあります。

それは利用運賃です。
ANA国内線の航空券は利用条件によって運賃が細かく分かれていますがSFC修行に使うのはそう多くありません。主なものは以下の3つです。

①旅割〇〇:旅割75であれば搭乗75日前まで予約可、旅割45であれば45日前までに予約可・出発55日前からキャンセル料発生
②プレミアム旅割28:2ヶ月前から予約可・出発55日前からキャンセル料発生
③プレミアム株主優待:2ヶ月前から予約可・出発直前までキャンセル無料・株主優待が必要

①はエコノミークラス、②・③はプレミアムクラス(ビジネスクラス)になります。
この中で息子が使ったのは①・②でした。

プレミアムクラスは予約運賃にかかわらず予約開始が2ヶ月前のAM9:30と決まっています。しかし、2ヶ月前よりさらに14日早く予約する技があります。  

まず2ヶ月前に①の旅割〇〇(行先はどこでも良いです)を予約します。
次に14日後に②か③のプレミアムクラスを予約すると、通常は出来ないはずの2ヶ月以上先の予約が出来てしまいます。
最後に乗る予定ではない①の旅割〇〇運賃をプレミアムクラスが本来予約出来る2ヶ月前になったらキャンセルして終わりです。(必ず55日前までにキャンセルして下さい。キャンセル料が発生します)

予約の取り方

言葉だけでは分かりにくいと思うので実際の予約画面を見てみましょう。
ANAのHPにログイン後以下の画面が出てきます。ここで空席照会/予約を押します。

f:id:nenkin-mile:20170618124114p:plain

次に出発地などを入力していきます。目的地はあとからキャンセルするのでどこでも構いませんが、名古屋が安いので息子はいつも名古屋を入力していました。

日付は6/17に検索した場合の2ヶ月後の8/17を入れて検索します。  f:id:nenkin-mile:20170618124137p:plain
検索すると全て同じ普通席なのに様々な運賃が出てきます。

f:id:nenkin-mile:20170618124302p:plain

旅割75は既に75日前を切っているので表示されません。
旅割55は満席と表示され売り切れているので、今回は旅割45を選びます(どれを選んでも結局キャンセルするので同じです)。
次に往復を選び出発地と本当の目的地を入れます。日付は往路・復路ともに6/17の2ヶ月+14日後の8/31を入れ、プレミアムクラスを選びます。
f:id:nenkin-mile:20170618124315p:plain
※1月~3月の宮古島を予約する場合は9:29までにこの画面まで進み、9:30になると同時に「検索をする」を押します。
こうすることでいち早く座席を押さえることが出来ます。
片道運賃は出発直前までキャンセル料がかからないのがメリットですが、予約開始が2ヶ月前の9:30からです。

予約開始と同時に名古屋までの片道運賃を予約した場合、本命の宮古島を9:30から出発地東京(羽田)とか入力しなくてはなりません。それでは「検索する」を押すまでに30秒くらいかかります。この30秒が命取りです。30秒後にはほぼ間違いなく座席は完売してしまいます。

どうせ55日前にキャンセルすれば旅割は全てキャンセル料がかからないので、誰よりも早く席を確保するためには必ず旅割55か45を選び、羽田~宮古島を入力しておいた状態で9:30を迎える必要があります。
そこまでしなくちゃいけないの!?と思うかもしれませんが、この路線はそれほど大人気です。理由はもちろんプレミアムポイントが大量に稼げる+航空券が異常なほど安いからです(金額設定の間違いを疑うほどです!)。


プレミアム旅割28を選び、復路も同様に選びます。この時点で予約は完了しましたが、支払いはまだです。このまま支払い手続きをしなければ2日後の日付が変わる時に全ての予約が自動キャンセルとなります。

購入手続きへを押します。

f:id:nenkin-mile:20170618124456p:plain

支払い方法をSKYコインかクレジットカードか選びます。

f:id:nenkin-mile:20170618124609p:plain

支払いが終わったあとは座席を選びます。

羽田~宮古島オススメの座席

羽田~名古屋も選べますがキャンセルする予定なので選ばなくて良いです。本命の羽田~宮古島プレミアムクラスの座席は下のようになっています。全て空いているので自由に選べますね。

 

ここでオススメは1Dか2Dです。
下の画像はANAの公式HPをスクリーンショットしたものですが、この座席実際とは少し異なります。
f:id:nenkin-mile:20170618124721p:plain
実際は水色の部分が壁が存在します。

f:id:nenkin-mile:20170618125005p:plain

つまりAとKは隣の人の前を通らなければトイレに行けません。プレミアムクラスといえど挨拶無しで隣の人の前を通れるほどスペースはありません。つまり自由にトイレに行けないのです。

また水色の壁の間にピンクの線があります。これはカーテンです。CAさんが奥で作業している間、このカーテンが閉じています。もちろんここを開けてトイレに行っても良いんですが一声かけるので多少気を使います。1Dと2Dはこの気遣いが全く不要なのでトイレを気にされる方にはオススメです。

これで2ヶ月+14日前の裏技予約は終わりです。最後に2ヶ月前になったら羽田~名古屋をキャンセルします(リマインダーに入れておくと忘れないです)。
ANAのHPのトップ画面から赤枠を押し、次に予約変更を押します。あとは羽田~名古屋を選んでキャンセルすれば全て終了です。

f:id:nenkin-mile:20170618125155p:plainf:id:nenkin-mile:20170618125205p:plain

いかがでしたでしょうか。今回は8月なので羽田~宮古島も簡単に取れましたが1月~3月はこの方法を使っても取るのは難しいです。逆にこの方法を知らないと99%取ることは不可能です。SFC修行を国内でやるなら是非とも利用して下さい。


この方法を使う時に注意点がいくつかあります。

①取消手数料は無料ですが払戻手数料が430円かかります。これはどの運賃で予約しても一律にかかります。
②SKYコインとクレジットカードを併用して支払いした場合、キャンセルした代金はクレジットカード利用分から優先して返ってきます。
ex)今回の62180円の支払いのうち50000円をスカイコインで、残り12180円をクレジットで払ったとします。ここから羽田~名古屋8200円をキャンセルすると返金は8200円-430円(払戻手数料)=7770円となり、クレジット会社を通して返金されます。
スカイコインではなくクレジット代が優先して返ってくるのは嬉しいですね。スカイコインが半端に残るのを防げます。


にほんブログ村

 

SFC修行の費用はいくらかかるのか?おススメのルートはどれか?フライトを振り返りながら考察します。

f:id:nenkin-mile:20170612012649j:plain

息子は私同様ANAマイルを貯めていますが、ANA一般会員が取れるビジネスクラスは2席です。それに対し息子は4人家族です。家族全員で毎年ビジネスクラスで海外旅行に行くにはSFC会員になるしかありません。
そこでSFC会員になりたいという気持ちと、今年は仕事の休みが取りやすいことが上手く重なって修行を決めたそうです。

SFC修行の費用

SFC会員になるためには有償で飛行機乗り1年間で5万プレミアムポイントを貯めなければなりません。その費用はおよそ40万~50万円と言われています。
この費用をどうするか?

陸マイラーが持っている武器はマイルです。しかしマイルで特典航空券を買ってもそれは有償ではないのでいくら飛行機に乗ってもSFCにはなれません。

しかし抜け道があります。マイルをスカイコイン(ANAだけで使えるお金のようなもの)に換えて乗れば有償扱いになります。
マイルをスカイコインに交換するレートは持っているクレジットカードや1度に交換するマイルの量によって異なります。
交換レートは以下の通りです。

f:id:nenkin-mile:20170612013119p:plain息子はANAVISAワイドゴールドを持っていたので5万マイルをスカイコインに交換すれば1.6倍の8万スカイコイン=8万円相当になります。ただ40万円をすべてスカイコインで用意するとなると25万マイル必要なので貯めるまでにそれなりの時間がかかります。そこで費用の一部をスカイコイン、残りをお金で払う方も多いです。

修行で全てのマイルを使い果たしたら再びマイルが貯まるまで暫く旅行に行けなくなるわけですし、どの程度マイルで賄うかはお財布と相談ですね。

マイルからスカイコインへの交換方法

ANAマイレージクラブのトップ画面を開きマイメニューを開きます。
ログイン画面になるのでお客様番号(マイレージ番号)とパスワードを入力します。
次に右側の画面になったら「マイルをANASKYコインに交換」を押します。f:id:nenkin-mile:20170612013249p:plainf:id:nenkin-mile:20170612013303p:plain赤枠の申し込むを押し、交換したいマイル数を選び選択を押します。

f:id:nenkin-mile:20170612013428p:plainf:id:nenkin-mile:20170612013503p:plain
そうすると自動でスカイコインした際のレートを計算してくれます。息子の場合は現在プラチナ会員なので5万マイル交換した場合は1.7倍の85000スカイコインになっています。修行前はANAVISAワイドゴールドカードを持っていたので1.6倍で計算されていました。事前に手続きをしなくてもその人の1番高いレートを自動で計算してくれるので楽です。


最後に誰のマイルを使うかを選びます。息子はお嫁さんもマイルを貯めているため2人のマイルを合算してファミリーマイルとして使うことが出来ます。あとは申し込みボタンを押せばすぐにスカイコインへ交換されます。
f:id:nenkin-mile:20170612013656p:plain

修行ルート

 

費用の目途がたった後は修行ルートを考えます。
息子の修行は国内線のみでプレミアムポイントを稼ぐドメスティック専門(通称ドメ専)です。
修行内容は羽田から宮古島と石垣島の単純往復を繰り返すまさに修行そのものです。

宮古島・石垣島の単純往復にした理由は、
①日帰りで出来ること(宿泊を伴う場合は精神的に疲れるので避けたかったそうです)。
②行きの飛行機がいくら遅延しても帰りも同じ飛行機で帰ってくるため乗り遅れが100%無い。
③羽田~北海道~沖縄~羽田を1日で飛ぶルートも考えたそうですが、羽田~北海道にプレミアムクラスが無くプレミアムポイントが貯まりづらいこと(プレミアムクラスは料金も高いですがプレミアムポイントも2倍近く貯まります)。1~3月の北海道は雪で欠航、遅延になる可能性がある(その場合その後のフライトに大きく影響する)。
④宮古島は日本で2番目にプレミアムポイントを稼げて金額が最も安い。石垣島は日本で1番プレミアムポイントを稼げて金額はそこそこ安い。
この4つです。

では実際の修行ルートと費用を見てみましょう

f:id:nenkin-mile:20170612014920p:plain
※プレミアム旅割28:海外旅行でいうビジネスクラスです。プレミアムクラスを28日前までに予約することで適用される運賃です。
旅割55・75:それぞれ55日前・75日前までに予約すると適用される運賃です。55日前より75日前に予約した方が安くなります。座席はエコノミークラスになります。
PP単価:航空券代をプレミアムポイントで割ったもの。PP単価10円を下回ると良いと言われています。

プレミアムクラスを多用したのは回数を出来るだけ少なくしたかったからです。
エコノミークラスの旅割だけで修行する場合金額は10万円やすくなりますが15往復しなければならず、それならプレミアムクラス中心に8往復した方が良いと考えました。
10万円払って7往復減らせるのかなり効率が良いと思います。

1往復1万4千円くらいですね。自宅から羽田までの交通費も考えれば実質1万ちょっとです。1万円で1日10時間程度拘束されると考えたらプレミアムクラスに乗る価値は十分あります。まして、片方はほとんどプレミアムクラスなのに15往復の方は全てエコノミークラスです。快適性も考えたら絶対プレミアム旅割28を中心に考えることをおススメします!

宮古島・石垣島の単純往復ですがこの修行を一覧にすることで見えてくることがあります。
①2つの青いラインを見て下さい。2つとも同じ羽田~宮古島の片道の金額です。3月は20990円だったのに対し4月は26990円になっています。片道で6000円上がっています。
②赤いラインを見て下さい。3月の羽田~石垣島は30390円ですが4月は29190円になっており1200円下がっています。
③黄色いラインの旅割55・75はそれぞれ1月~5月まで同じ料金でした。
④緑のラインは3万ポイント貯まって一般会員からブロンズになったため、同じ飛行機に乗ってももらえるマイル数が増えていること指します。
何も手続きしなくても自動でブロンズでもらえるマイル数が付与されます(ブロンズになる前に予約していたものもブロンズの付与率が自動適用されます)。

飛行機はシーズンによって金額が異なり、沖縄はオフシーズンの1月~3月が最も安くなると言われています。実際プレミアム旅割28の宮古島はその通りでしたが、石垣は4月の方が安く旅割りは1月~5月まで価格変動はありませんでした。
こうして見ると1~3月までの宮古島プレミアム旅割28のPP単価は異常な安さですね。これだけプレミアムポイントを稼げてその上PP単価6.5円なんて羽田発着の場合、日本中探しても宮古島以外ありえません。明らかに価格設定が間違っています。この価格が来年も続くかは分かりませんが来年修行される方は組み込みを考えてみて下さい。

ただ宮古島プレミアム旅割28は異常な安さのせいでこれまた異常な人気です。土日はおろか平日でさえも販売開始と同時に売り切れます。争奪戦の過酷さは真夏のハワイに匹敵するほどです。

息子は14回予約を試みて2回しか予約出来なかったそうです(しかも1つは片道のみ)。そもそも宮古島行のプレミアムクラスは当初8席しかなく、そのうちプレミアム旅割28で販売されているのは3席でした。残る5席は高い金額でしか売られていません。つまり3席を奪い合います。

そしてこの競争も4月になると宮古島の航空代金が上がるため緩和されます。緩和というか普通に土日でも取れます。5月のGWでも後半3日間は同じ価格で取れました。あまり休めない方はGWを利用しても良いかもしれません。
1~3月までは宮古島プレミアム旅割28を出来る限り取る。足りない分は4月移行石垣島を織り交ぜつつ5万ポイントを目指して下さい。

沖縄中心に修行を組む場合、6月半ばから台風シーズンになるので出来れば6月初旬までに修行を終えた方が良いです。

 

プレミアムポイントの計算

これはANAのHPで計算出来ます。
https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja
計算の仕方を見ていきましょう。

f:id:nenkin-mile:20170612015534p:plain

①の日付は適当で構いません。日付によってもらえるマイルやプレミアムポイントが変わることはありません。
②・③出発地と到着地をタブから選びます。
④利用カードはゴールドカードだったのでこれを選びました(カードの種類でもらえるマイルが変わります。プレミアムポイントは変わりません)。
ステイタスは一般会員は入力しません。
⑤利用運賃はプレミアムクラスは運賃2、旅割は運賃7を選びます。矢印の一覧を選ぶと料金体系が表示されます。
この条件で検索すると

f:id:nenkin-mile:20170612015640p:plain
羽田~宮古島プレミアム旅割28でもらえるプレミアムポイントは3295Pだと分かりました。これは片道分です。往復すれば2倍もらえます。こうして色々な行先を考えながら5万ポイントになる組み合わせを考えます。
PP単価は悪くなりますが、本来なら修行に旅行を組み込めるとシュミレーションするのも楽しくなりますね。修行は楽しむの大切です。自分なりの楽しみ方が見つかると良いですね。
次回は予約の仕方や楽しみ方を書いていきたいと思います。

一生ANAから特別待遇を受けられるSFC(スーパーフライヤーズカード)とは

 

ANAから特別待遇を受けるにはビジネスクラス以上に乗るかANA上級会員にならなければなりません(上級会員になればエコノミーでも特別待遇です)。上級会員になるには年に数十回も国内を飛び回らなければならず、普通の人では到底到達出来ないものです。尚且つ上級会員になったとしても翌年も同じように飛行機に乗り続けなければ2年後の3月には無情にも資格を剥奪されます。

常に上級会員でいつづけるには毎年国内を飛び回る必要があり、上級会員はなることより維持することの方が難しい資格です。

しかし維持が難しいとされる上級会員にも抜け道があります。
それがSFC(スーパーフライヤーズカード)会員です。SFCというクレジットカードを発行し年会費さえ払い続ければ生涯ANA上級会員の資格を持ち続けられ、めくるめくVIP待遇が生涯待っています

上級会員であるSFCになるには

そんな夢のようなカードを簡単に作れるはずがありません。SFCは普通のクレジットカードと違い、以下の2つの条件を満たした人だけが作れるカードです。

①1月1日~12月31日までの間でANA便あるいはスターアライアンス便に乗り5万プレミアムポイント以上獲得する。(5万ポイントのうち25000ポイント以上ANA便で獲得すること)※プレミアムポイントについては一番下の関連記事をご覧ください。

②5万ポイント以上獲得後の2年後の3月末までSFCに申し込む。
ex)2017年に5万ポイント獲得したら、2019年3月末までに申し込みます。

条件①はもうひたすら飛び回るしかありません(これをSFC修行と呼びます)。旅行を兼ねて乗る人もいれば出発地から出来るだけ遠い場所を選び(ポイントが多く貯まる)ひたすら往復する人もいます。プレミアムポイントの貯め方は人それぞれですが、何もせずいきなり5万ポイント貯まるような裏技はありません。
人生の中で1度で良いので1年の間で多くの搭乗を繰り返し5万ポイント貯めてはじめてSFCに申し込めます。

①の修行を終え上級会員になったらその会員期間中にSFCを申し込みます。ただしSFCはクレジットカードなので審査があります。ここで落ちたら①の努力も水の泡となります。
そこで万が一の審査落ちを防ぐため、SFC修行に入る前にSFCの元となるカードを事前に発行します。これを発行しておけば①を満たした後、申し込みをすれば審査無しでSFCになれます。
事前に発行すべきカードをSFCの年会費と併せて紹介します

SFCの年会費

SFCの年会費は所有するクレジットカードによって異なり、主なカードは
①ANA一般カード(JCB・VISA・Masterいずれも可)f:id:nenkin-mile:20170608000302p:plain
・年会費:本会員9275円(税別・以下全て)・家族会員4575円(VISA・Master)(マイペイすリボ・WEB明細適用時)
     本会員10250円・家族会員5100円(JCB)
・カード利用で貯めたポイントをマイルへ移行する手数料
 10マイルコース 5000円(JCB)・6000円(VISA・Master)
5マイルコース  無料
・還元率:10マイルコース=1%
      5マイルコース=0.5%
・更新時2000マイル付与

②ANAワイドゴールドカード(JCB・VISA・Masterいずれも可)f:id:nenkin-mile:20170608000340p:plain
・年会費:本会員10500円・家族会員6000円(VISA・Master)(マイペイすリボ・WEB明細適用時)
     本会員15000円・家族会員7500円(JCB)
・マイルへの移行は手数料無料
・還元率:VISA・Master1.45% JCB1%
・更新時4000マイル付与

どちらのカードを作るにしてもJCBは高いのでVISA・Masterになりますね。
年会費は一般カードの方が安いですが家族会員を含めても差額はわずか2650円です。般カードは還元率を上げるために10マイルコースに登録するとマイル移行手数料が発生するので、逆に何故かゴールドカードの方が安くなります。さらにゴールドカードは更新時に一般カードより2000マイル多く付与されます。
もうゴールドカード以外選択肢はありませんね・笑

またVISAとMasterカードを比べるとVISAの方がキャンペーンの内容が良いのでVISAがオススメです。
よってSFCを目指すなら作るべきカードはANAVISAワイドゴールドカードになります。
もちろん作る場合はポイントサイト経由での申し込みを忘れないで下さい。

SFCになれるカードはこの2つ以外にもあるので紹介します。

ANAダイナースカード
本会員30240円・家族会員11340円

ANAアメリカン・エキスプレスゴールドカード
本会員33480円・家族会員16470円

ANAJCBプレミアム
本会員75600円・家族会員4320円

ANAダイナースプレミア
本会員167400円・家族会員無料

ANAVISAプラチナプレミアム
本会員86400円・家族会員4320円

ANAアメリカン・エキスプレスプレミアム
本会員162000円・家族会員無料(4名まで)

どれも年会費が高過ぎますね。よほどこだわりのある方以外は迷わず②のゴールドカードで良いと思います。

SFC家族カードは作るべきか

ソラチカ含め多くのカードは家族カードを作る必要はありません。しかしSFC家族カードは発行する価値があります。
まず本会員と家族会員の受けられるサービスの違いを確認します。f:id:nenkin-mile:20170608004931p:plain
⑥と⑨以外本会員と同じ資格が与えられます。
これ以外はカード更新時に本会員は4000マイルもらえますが家族会員はもらえません。

どんな人が家族カードを作るのか?
SFCになればエコノミークラスに乗ろうと上級会員の待遇を受けられます。しかしこれらのサービスをが受けられるのはカード所有者+同行者1名だけです。仮に家族4人でエコノミーに乗る場合、2人がサービスを受けられず搭乗手続きやラウンジでは別行動、あるいは全員でサービスを受けないかのどちらかになります。
しかしSFC家族カードを1枚発行していれば、本会員+同行者1名、家族会員+同行者1名がサービスを受けられるので4人でも家族全員でサービスを享受出来ます。
これは凄いことです。本会員が苦労してSFCになりさえすれば家族は簡単に一生上級会員の待遇を受けられるんですから。
また、自分が旅行に行かない時も家族会員(例えば配偶者)になってれば、配偶者が友達と旅行に行く際もサービスが受けられます。当然同行する友人1名もサービスが受けられます。こう考えてみると発行する価値は十分にあります。

最後にもう1度SFCまでの流れを確認します。
ANAVISAゴールドカードを作る→①(5万プレミアムポイント)をクリアする→SFCに申し込む→今まで持っていたANAVISAゴールドカードがANAVISAスーパーフライヤーズゴールドカードに変身する。

こうして永遠にANAからVIP待遇を受けることが出来るようになります。

関連記事www.sorakara-mile.com
www.sorakara-mile.com


にほんブログ村

 

REXカード改悪!リーダーズカード新規募集停止!!⇒エクストリームカード改悪!!!

 

エクストリームカード・漢方スタイルカードに続きJACCS系のカードがまたも改悪です。

REXカード(2017年9月請求分まで)
①還元率:1.5%→1.25%
②年会費:年間50万円以上で無料→無料(これは改良です)

リーダーズカード
タイトルの通り新規募集停止(保有者は継続)。しかも既に募集が停止されているエクストリームカードを持っている人にも火の粉が降りかかってきました。
①カード名称変更
エクストリームカード→リーダーズカード(9/19~)
②カードデザイン
エクストリームカード保有者は2017年9月19日以降の有効期限更新、または再発行よりリーダーズカードのデザインに変更
③ポイントの変更
・2017年9月請求分(8月末利用分)までエクストリームカードポイント(1.5%還元)
・2017年10月(9月利用分)よりリーダーズカードポイント(1.2562%還元)
※リーダーズカードは1000円につき11P貯まり(1.1%)、それをJデポあるいはGポイントに交換する場合は3500P=4000円(1.1428倍)になります。1.1%×1.1428=1.2562%になります。
・エクストリームカードポイントの最終引き換え日は9月27日
それ以降はエクストリームカードポイントの残高を1.25倍にしてリーダーズカードポイントに移行

エクストリームカードのポイントは1P=1.5円の価値があります。
リーダーズカードのポイントは1P=1.142円の価値があります。
仮にエクストリームカードのポイントを1P残したまま10月を迎えた場合、1P×1.25×1.1428=1.4285円になります。


増えるように見せかけて減ってます!


エクストリームカード保有者は9月27日までにポイント交換しましょう!!


にほんブログ村