【壮絶】超簡単にANAマイルを大量に貯める新ルート ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード






ANAマイルを爆発的に貯める王道といえばソラチカですがソラチカと双璧をなすほどのANA TOKYUカードルートが誕生しました。
ソラチカとANAマイルの貯め方を知らない方はこちらをご覧ください

ANATOKYUカード自体は以前からあったカードですが還元率0.5%という普通のカードだったため注目されていませんでしたが。ところが突如ドットマネーのポイントがTOKYU POINTへ交換できるようになりその価値が大きく変わったのです。

ANATOKYUカードの特徴は以下の4点

  • ポイント交換が超シンプル
  • マイル交換レート75%(ソラチカ81%)
  • 移行上限:月10万ポイント=75,000ANAマイル(ソラチカ18,000ANAマイル)
  • 最短3週間程度で交換(ソラチカ2・3ヶ月)

最大の特徴はポイント交換が超シンプルなことです

ソラチカルートと比べればその差は歴然です

ソラチカの交換ルートが複雑でマイルを貯めることを躊躇してた人からすれば多少交換レートが落ちてもシンプルなTOKYUルートはとても魅力的です。

TOKYUルートは移行上限が月10万ポイント且つ交換日数が短いのも大きなメリットです。例えば家族4人でハワイにビジネスクラスで行く場合26万マイル必要ですがソラチカだと26万マイル交換するのに15ヶ月かかるところTOKYUカードならたった4ヶ月です。

また『すぐたま』のポイントが使えるようになったのも大きいですね。今までは『すぐたま』のポイントはマイルに交換できない代わりにプリンスポイントに直接交換してスイートルームに泊まる裏技がありましたがTOKYUルートを見越してなのか8月からドットマネーに交換できるようになりました。これでプリンスポイントもマイルも貯められるポイントサイトへと変わりました。どのポイントサイトで貯めようか迷ったら『すぐたま』を選べば間違いありません。

ANATOKYUカードのスペック

  • ブランド:MASTERカード
  • 年会費:初年度無料(翌年以降2000円+税)
  • ポイント:5マイル移行コースの場合、1000円につき1ワールドポイント(10マイル移行コースは年会費6,000円かかるので✖)
  • 支払い日:15日締め、翌月10日払い
  • 入会・継続特典:1,000ANAマイル

最初に書いた通りANA TOKYUカード自体は還元率0.5%のいたって普通のカードです。ソラチカ同様カード決済でマイルを貯めようとせずああくまでポイントサイトの中継地としてのみ使って下さい。

ANATOKYUカードの年会費を安くする方法

ANA TOKYUカードの年会費は初年度こそ無料ですが翌年から2,000円+税がかかるのがネックですが、カード明細をWEB明細にすれば500円割引きになります。あるいはマイ・ペイすリボに登録し年1回利用すれば1249円割引きにできるので実質751円+税で維持できます。
尚、『WEB明細割引き』と『マイ・ペイすリボ』の割引きは併用できません。個人的には『マイ・ペイすリボ』がオススメです。
『マイ・ペイすリボ』とはいわゆるリボ払いです。リボ払いを利用してはいけないことは以前も書きましたが、ANA TOKYUカードのリボ払いは1回目の支払いで全額払い切ると利息が発生しません。つまり、リボ払いの金額を3万円とかにしておいて、年に1回150円のペットボトルでもなんでも良いので買えば3万円以下なので『マイ・ペイすリボ』に登録していながらも1回で支払われ利息がかからず、さらに毎年年会費1249円引きが適用されます

しかも入会時・契約更新時には毎年1,000ANAマイルもらえるので751円+税を払って1,000ANAマイルもらえるマイル自動製造機となります。(間違っても普段支払いのカードにはしないで下さい。3万円越えたら利息かかりますよ!)

ANA TOKYUカードのお得な作り方

ANA TOKYUカードを発行する際はマイ友プログラム・すぐたま・ANAのキャンペーンを併用できます

①マイ友プログラムに登録で500ANAマイル・ゴールドカードは2,000ANAマイル
マイ友プログラムは紹介で初めてANAカードを作る場合は通常の入会ポイントとは別でANAマイルがもらえるボーナス特典です。

こちらの登録用ページ紹介者とあなたの情報を入力してから発行するとソラチカなら500ANAマイル・ゴールドカードなら2,000ANAマイルもらえます。
紹介者がいない場合はぜひ私から紹介させて下さい

  • 紹介者氏名 ヨシダ ヒデオ
  • 紹介番号  00050429

このボーナス特典は過去にANAカードを作ったことがある人は対象外です。初めて作る方のみ適用されます。また登録後3ヶ月以内にANAカードを作らないとポイントがもらえなくなります。

②『すぐたま』からANA TOKYUカードを申し込む
『すぐたま』から作ると3,400mile=1,700円=1,275ANAmile(TOKYUルート利用時)相当もらえます。ANA TOKYUカードを作る際は絶対ポイントサイトを使いましょう。既に『すぐたま』に登録してる方はこちらを選んで下さい。

国際ブランドにVISAと書いてありますがMASTERブランドであるANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作ってもポイントがもらえます(すぐたまに確認済)

まだ『すぐたま』に登録してない方は必ずこちらの記事を読んですぐたまに登録してから作って下さい。今ならでないと1ポイントももらえません。

その上で先ほどの3,400mileではなく3,000mileの下記画像を選んで下さい。

『すぐたま』では現在ドットマネー交換提携キャンペーンを実施しており、3,000mileの案件を選べばもれなくドットマネー500ポイントがもらえます(エントリー不要)3,000mile+500ポイント=1,500ANAmileになりわずかですが先ほどの3,400mileもらう案件より多くANAmileを手にできます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの作り方

『すぐたま』トップページの検索窓に【ANA】と入力し

検索結果が表示されたら、初めて『すぐたま』を登録した方は3,000mile、既存登録者は3,400mileを選んで下さい

【マイルを貯める】をクリックし、その後三井住友カードのHPに飛びます

三井住友カードのページから【ANA TOKYUカード】を選びます

あとは通常のカードを作る手続きと同じです。既にANAを貯めている場合はカードを作る過程で既存のANAカードのお客様番号を入力する箇所があるのでそこで入力すればマイルは合算されます。あと、カード発行の中でポイントコースを5マイル移行コースか10マイル移行コースか選ぶ画面が出てきますが5マイルコースを選んで下さい。このカードは決済でマイルを貯めるカードではありません。わざわざ年会費6000円払って還元率の高いコースを選ぶ必要はありません。マイルはカード決済ではなくポイントサイトで貯めましょう。

以上でカード発行はお終いです。TOKYUルートが出来たことはとても喜ばしいことです。「ソラチカの方がレートが高いからいらない」という方もいるかもしれませんが、万が一ソラチカが塞がれた場合にもTOKYUカードがあればANAマイルは半永久的に貯まり続けられそうです。



今オススメの記事

枚数限定ではありますがほぼ全てのVISA・MASTERカードの還元率を+2%上げてくれるKyashが『すぐたま』に登場してます

余談ですが、せっかくの夏休みだし何か工作をしようと思い7歳の甥っ子とテープカッターを作りました。
二人で設計図考えて、暑い中のこぎりで切ってやすりで磨いて汗だくです。汗を流すため途中一緒にお風呂入りながら「あーしよう、こーしよう」と考える時間が楽しかったです。
完成品がこちら

ノスタルジーな色合いを選んでみました。不器用ながらに二人で頑張って作ったテープカッターです。

おしまい


6 Comments

sorakara-mile

マイル初心者パート主婦さん

簡単で早く貯まると考えればTOKYUカードがオススメですが、普通にクレジットカードを月1枚発行すのを繰り返しても貯まるのは月1万ポイントくらいなのでTOKYUルートを目一杯使うことは難しいと思います。
それでもポイント移行の簡単さを考えればTOKYUルートがオススメです。手間をかけないのがマイル活動を長続きさせるコツかなと思います。
ANAみずほマイレージクラブカードを使ってるとのことですが、マイルはクレカ発行で貯まるので、私ならECナビカードプラス(VISA)にKyashを紐づけて1.1%+2%=3.1%にして使うかREXカード(VISA)にKyashを紐づけて1.25%+2%=3.25%にして使います。それより高還元のカードを使いキャッシュバックされたお金をホテル代に充てた方が良いと思います。
https://www.sorakara-mile.com/entry/2018-10-17-172138
ECナビカードプラスもREXカードも口座登録しないことで還元率をさらに高められますが支払い忘れの可能性も出てくるので無理してやらなくても良いです。

>はじめまして。最近、こちらのお得情報の記事を知り、クレジットカード作成やマイルの貯め方など、他の記事も拝見し勉強させていただいております。これからマイルを貯めて旅行に行きたいので、ECサイトでソラチカカードを作成しようと思っていたのですが、こちらの記事のすぐたま登録後、こちらのTOKYUカードを作成した方が簡単で早く貯まりオススメでしょうか?
現在、光熱費や保険、生活費などは主人のANAみずほマイレージクラブカードで一括支払しておりますが、マイル還元率が悪いです。支払いも他のカードに変えた方がよろしいでしょうか?ちなみに通勤で地下鉄は使用しておりません。
アドバイス等を頂けますと助かります。お手数ですがよろしくお願い致します。

返信する
kiyo

はじめまして。
数ヶ月前からこのサイトを知ってから毎日更新をチェックしています(^^)
が、まだマイルを貯める事には踏み出せずにいます(面倒そうなのと、ポイントを生活費に回しているので)。
質問なのですが、先の方のコメントの返信の中に「普通にクレジットカードを月1枚発行すのを繰り返しても貯まるのは月1万ポイントくらいなのでTOKYUルートを目一杯使うことは難しいと思います。」とあるのですが、目一杯使うことが難しいというのはどういった意味でしょうか?
今回この記事でマイルをためてみようか迷い中だったので、教えていただけるとありがたいです。宜しくお願い致します。

返信する
sorakara-mile

kiyoさん

TOKYUルートは月10万ポイントまでマイルに移行できるものの、カード発行でもらえるポイントは1万ポイント程度なので毎月TOKYUルートの移行上限の10万ポイント貯める+移行するというのは難しいという意味です。
TOKYUルートができたことでマイルを貯めるのは飛躍的に簡単になりましたがそれでも多少の手間はあります。それでも良ければマイルの世界にお越しください(^^♪

返信する
ラインペイ

コンバンハ・・・

昨日は生暖かい風が吹いていました。
台風の影響なのは明白ですが、8/15なので死者が還って来たという設定にしたいと思います。
管理人様が寝てるときに何かにのしかかられませんでしたか~?

実は世の中、マイルを中心に回ってるんですね。
ECナビからポイント交換は実質PEX一択になって、
PEXからのポイント交換は、ワールドプレゼントが数少ない無料ルートですね。
すぐたま/ネットマイルからのポイント交換はプリンスホテルを除いたら手数料かからないというと実質Kyashかドットマネーの二択ですね。

私はマイラーではありませんが、PEXからワールドプレゼントへ交換後、Gポイントに移行させ、さらにnanacoポイントかLINEポイントへ交換して使用、
ドットマネーは楽天銀行、新生銀行、nanacoへ交換します。
楽天銀行はハッピープログラム使い、新生銀行もポイントプログラムにエントリーするとドットマネーから1万円を4回振込でTポイントかdポイントかnanacoポイントを100円分貰えます。
試してはいませんが住信SBIネット銀行でも毎月30円分のポイント貰えると思います。
また、nanacoでは今nanacoポイント交換キャンペーンやってるので、ドットマネーから5000円ずつ持ってる複数のnanacoに交換して当選確率上げています。
ドットマネーから5000円交換したnanacoカードにさらに別のポイントサイトからnanacoポイントに交換するとさらに当選確率アップします。

そんな感じでマイル交換ルートの恩恵を頂いております^^

返信する
sorakara-mile

ラインペイさん

なんだかラインペイさんに全てを知られていそうで怖いです。実はリアルな知り合いだったそれこそ怖いなぁ(^^;

世の中マイルを中心に回ってるんです!少なくとも私はグルグル回されてます。次から次へと親にプレゼントしてるので今月もマイルが足りません^-^
ワールドプレゼントで思い出しましたが、そろそろ秋のdポイント25%増量キャンペーンに備えてPEXからワールドプレゼントにポイントを移行しておきます。あれはキャンペーン始まってからでは間に合いませんからね。

ドットマネー色々使えるんですね。以前楽天のを教えてもらい試しましたが毎月は続きませんでした(忘れてしまう)ドットマネーといえばWAON5%増量キャンペーンやってますね。今月はそちらも美味しそうです。
いつも情報ありがとうございます。知らないことが多く勉強になります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA