空からマイルが降ってくる

マイルが簡単に貯まる方法・節約・投資に関するブログ

ANAJCBプリペイドカードが衝撃のnanaco改悪!

f:id:nenkin-mile:20180410171709p:plain


以下、ANAJCBプリペイドからの通知文です。

平素は、ANA JCBプリペイドカードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018年4月20日(金)より、ANA JCBプリペイドカードは
「nanacoクレジットチャージ」で利用できなくなることをご案内します。

その他ご利用対象外加盟店の規定については、
「ANA JCBプリペイドカード ご利用の手引き」ページのご利用上の注意をご確認ください。

弊社では、引き続きANA JCBプリペイドカードをより便利にご利用いただけるよう
サービス向上に取り組んでいきます。
今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

 


そもそもnanacoとはセブンイレブン系列の店舗だけで使えるチャージ式のカードです。
チャージ方法は現金あるいはクレジットカードの2通りです。
チャージ上限は10万円で、事前にチャージした分だけ使えます。残高が少なくなれば再びチャージして使うことができます。

現金やクレジットカードでnanacoカードにいくらチャージしてもnanacoのポイントはもらえませんが特定のクレジットカードでチャージすることによってクレジットカードのポイントがもらえました。

何でnanacoにチャージするかというと、クレジットカードからnanacoにチャージすることによって通常現金でしか払えない住民税・健康保険料・固定資産税などの税金(30万円未満)の場合nanacoで支払うことが出来るんです。

仮に10万円の税金の納付書が送られてきて、これをnanacoで払うとします。10万円を払う場合はクレジットカードで10万円チャージしたnanacoカード1枚で支払います。
もらえるポイントはYAHOO!カードなら1000Tポイントor500ANAマイルです。
現金で支払ったら何ももらえませんがクレジットカードで1度nanacoにチャージしてから払えばクレジットカードのポイントがもらえます。それならnanacoで払った方が良いですよね?

ところがこの2・3ヶ月、YAHOO!カード・楽天カード・リクルートカード等様々なクレジットカードがnanacoチャージへのポイント付与減額あるいは廃止を発表してきました。

そもそもカード会社は私達がお店でカードを利用することでお店から数%の手数料をもらっていて、そのうちの何分の1かをポイントとして私達に付与しています。
つまり私達が使えば使うほど利益になる仕組みです。

しかしクレジットカードからnanacoにチャージした際は通常通りの数%の手数料ではなくほんの僅かな手数料しかもらえないと言われています。それなのに私達には通常通りのポイントを付与しなければなりません。
これではカード会社としては割に合いませんよね?割に合わないので多くのカード会社がポイントの減額や廃止を進めてきました。

ところがポイントの減額や廃止を発表したカード会社でもANAJCBプリペイドからnanacoチャージすればポイントが通常通りもらえるという抜け道があったんです。

実際の例をあげてみましょう。
例えば楽天カードからnanacoに10万円チャージした場合、もらえる楽天ポイントは0ポイントです。
ところが楽天カードからANAJCBプリペイドに10万円チャージして、ANAJCBプリペイドからnanacoにチャージすれば楽天ポイントが1000ポイントもらえます。

結果だけ見れば同じnanacoへのチャージでもANAJCBプリペイドを間に入れることによって満額ポイントがもらえてしまいます。

抜け道ですね。

それが今回ANAJCBプリペイドからnanacoへのチャージ自体を終了するため、この抜け道が完全に塞がれてしまいます。



抜け道は抜け道です。寂しいですがいつかは塞がれてしまうものです。
気を取り直して新しい抜け道を探します。
とりあえずANAJCBプリペイドのnanacoチャージ終了は4/19なので、今年の税金の支払いがある方はそれまでこのルートをしっかり活用しましょう。

 

 


にほんブログ村