空からマイルが降ってくる

節約(マイル)・投資に関するブログです

f:id:nenkin-mile:20170612012649j:plain

息子は私同様ANAマイルを貯めていますが、ANA一般会員が取れるビジネスクラスは2席です。それに対し息子は4人家族です。家族全員で毎年ビジネスクラスで海外旅行に行くにはSFC会員になるしかありません。
そこでSFC会員になりたいという気持ちと、今年は仕事の休みが取りやすいことが上手く重なって修行を決めたそうです。

SFC修行の費用

SFC会員になるためには有償で飛行機乗り1年間で5万プレミアムポイントを貯めなければなりません。その費用はおよそ40万~50万円と言われています。
この費用をどうするか?

陸マイラーが持っている武器はマイルです。しかしマイルで特典航空券を買ってもそれは有償ではないのでいくら飛行機に乗ってもSFCにはなれません。

しかし抜け道があります。マイルをスカイコイン(ANAだけで使えるお金のようなもの)に換えて乗れば有償扱いになります。
マイルをスカイコインに交換するレートは持っているクレジットカードや1度に交換するマイルの量によって異なります。
交換レートは以下の通りです。

f:id:nenkin-mile:20170612013119p:plain息子はANAVISAワイドゴールドを持っていたので5万マイルをスカイコインに交換すれば1.6倍の8万スカイコイン=8万円相当になります。ただ40万円をすべてスカイコインで用意するとなると25万マイル必要なので貯めるまでにそれなりの時間がかかります。そこで費用の一部をスカイコイン、残りをお金で払う方も多いです。

修行で全てのマイルを使い果たしたら再びマイルが貯まるまで暫く旅行に行けなくなるわけですし、どの程度マイルで賄うかはお財布と相談ですね。

マイルからスカイコインへの交換方法

ANAマイレージクラブのトップ画面を開きマイメニューを開きます。
ログイン画面になるのでお客様番号(マイレージ番号)とパスワードを入力します。
次に右側の画面になったら「マイルをANASKYコインに交換」を押します。f:id:nenkin-mile:20170612013249p:plainf:id:nenkin-mile:20170612013303p:plain赤枠の申し込むを押し、交換したいマイル数を選び選択を押します。

f:id:nenkin-mile:20170612013428p:plainf:id:nenkin-mile:20170612013503p:plain
そうすると自動でスカイコインした際のレートを計算してくれます。息子の場合は現在プラチナ会員なので5万マイル交換した場合は1.7倍の85000スカイコインになっています。修行前はANAVISAワイドゴールドカードを持っていたので1.6倍で計算されていました。事前に手続きをしなくてもその人の1番高いレートを自動で計算してくれるので楽です。


最後に誰のマイルを使うかを選びます。息子はお嫁さんもマイルを貯めているため2人のマイルを合算してファミリーマイルとして使うことが出来ます。あとは申し込みボタンを押せばすぐにスカイコインへ交換されます。
f:id:nenkin-mile:20170612013656p:plain

修行ルート

 

費用の目途がたった後は修行ルートを考えます。
息子の修行は国内線のみでプレミアムポイントを稼ぐドメスティック専門(通称ドメ専)です。
修行内容は羽田から宮古島と石垣島の単純往復を繰り返すまさに修行そのものです。

宮古島・石垣島の単純往復にした理由は、
①日帰りで出来ること(宿泊を伴う場合は精神的に疲れるので避けたかったそうです)。
②行きの飛行機がいくら遅延しても帰りも同じ飛行機で帰ってくるため乗り遅れが100%無い。
③羽田~北海道~沖縄~羽田を1日で飛ぶルートも考えたそうですが、羽田~北海道にプレミアムクラスが無くプレミアムポイントが貯まりづらいこと(プレミアムクラスは料金も高いですがプレミアムポイントも2倍近く貯まります)。1~3月の北海道は雪で欠航、遅延になる可能性がある(その場合その後のフライトに大きく影響する)。
④宮古島は日本で2番目にプレミアムポイントを稼げて金額が最も安い。石垣島は日本で1番プレミアムポイントを稼げて金額はそこそこ安い。
この4つです。

では実際の修行ルートと費用を見てみましょう

f:id:nenkin-mile:20170612014920p:plain
※プレミアム旅割28:海外旅行でいうビジネスクラスです。プレミアムクラスを28日前までに予約することで適用される運賃です。
旅割55・75:それぞれ55日前・75日前までに予約すると適用される運賃です。55日前より75日前に予約した方が安くなります。座席はエコノミークラスになります。
PP単価:航空券代をプレミアムポイントで割ったもの。PP単価10円を下回ると良いと言われています。

プレミアムクラスを多用したのは回数を出来るだけ少なくしたかったからです。
エコノミークラスの旅割だけで修行する場合金額は10万円やすくなりますが15往復しなければならず、それならプレミアムクラス中心に8往復した方が良いと考えました。
10万円払って7往復減らせるのかなり効率が良いと思います。

1往復1万4千円くらいですね。自宅から羽田までの交通費も考えれば実質1万ちょっとです。1万円で1日10時間程度拘束されると考えたらプレミアムクラスに乗る価値は十分あります。まして、片方はほとんどプレミアムクラスなのに15往復の方は全てエコノミークラスです。快適性も考えたら絶対プレミアム旅割28を中心に考えることをおススメします!

宮古島・石垣島の単純往復ですがこの修行を一覧にすることで見えてくることがあります。
①2つの青いラインを見て下さい。2つとも同じ羽田~宮古島の片道の金額です。3月は20990円だったのに対し4月は26990円になっています。片道で6000円上がっています。
②赤いラインを見て下さい。3月の羽田~石垣島は30390円ですが4月は29190円になっており1200円下がっています。
③黄色いラインの旅割55・75はそれぞれ1月~5月まで同じ料金でした。
④緑のラインは3万ポイント貯まって一般会員からブロンズになったため、同じ飛行機に乗ってももらえるマイル数が増えていること指します。
何も手続きしなくても自動でブロンズでもらえるマイル数が付与されます(ブロンズになる前に予約していたものもブロンズの付与率が自動適用されます)。

飛行機はシーズンによって金額が異なり、沖縄はオフシーズンの1月~3月が最も安くなると言われています。実際プレミアム旅割28の宮古島はその通りでしたが、石垣は4月の方が安く旅割りは1月~5月まで価格変動はありませんでした。
こうして見ると1~3月までの宮古島プレミアム旅割28のPP単価は異常な安さですね。これだけプレミアムポイントを稼げてその上PP単価6.5円なんて羽田発着の場合、日本中探しても宮古島以外ありえません。明らかに価格設定が間違っています。この価格が来年も続くかは分かりませんが来年修行される方は組み込みを考えてみて下さい。

ただ宮古島プレミアム旅割28は異常な安さのせいでこれまた異常な人気です。土日はおろか平日でさえも販売開始と同時に売り切れます。争奪戦の過酷さは真夏のハワイに匹敵するほどです。

息子は14回予約を試みて2回しか予約出来なかったそうです(しかも1つは片道のみ)。そもそも宮古島行のプレミアムクラスは当初8席しかなく、そのうちプレミアム旅割28で販売されているのは3席でした。残る5席は高い金額でしか売られていません。つまり3席を奪い合います。

そしてこの競争も4月になると宮古島の航空代金が上がるため緩和されます。緩和というか普通に土日でも取れます。5月のGWでも後半3日間は同じ価格で取れました。あまり休めない方はGWを利用しても良いかもしれません。
1~3月までは宮古島プレミアム旅割28を出来る限り取る。足りない分は4月移行石垣島を織り交ぜつつ5万ポイントを目指して下さい。

沖縄中心に修行を組む場合、6月半ばから台風シーズンになるので出来れば6月初旬までに修行を終えた方が良いです。

 

プレミアムポイントの計算

これはANAのHPで計算出来ます。
https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja
計算の仕方を見ていきましょう。

f:id:nenkin-mile:20170612015534p:plain

①の日付は適当で構いません。日付によってもらえるマイルやプレミアムポイントが変わることはありません。
②・③出発地と到着地をタブから選びます。
④利用カードはゴールドカードだったのでこれを選びました(カードの種類でもらえるマイルが変わります。プレミアムポイントは変わりません)。
ステイタスは一般会員は入力しません。
⑤利用運賃はプレミアムクラスは運賃2、旅割は運賃7を選びます。矢印の一覧を選ぶと料金体系が表示されます。
この条件で検索すると

f:id:nenkin-mile:20170612015640p:plain
羽田~宮古島プレミアム旅割28でもらえるプレミアムポイントは3295Pだと分かりました。これは片道分です。往復すれば2倍もらえます。こうして色々な行先を考えながら5万ポイントになる組み合わせを考えます。
PP単価は悪くなりますが、本来なら修行に旅行を組み込めるとシュミレーションするのも楽しくなりますね。修行は楽しむの大切です。自分なりの楽しみ方が見つかると良いですね。
次回は予約の仕方や楽しみ方を書いていきたいと思います。