【速攻!】ダイナースクラブカードを使ってANAマイルを早く大量に貯める方法

ダイナースクラブカードの発行で74,175ANAマイル獲得できる超大型案件が出たので紹介します。

ANAマイルの基本戦略はソラチカを使ってお金をほとんどかけず大量のマイルを貯めて世界中旅行することですが、ソラチカを使ってANAマイルを貯めるのは1ヶ月18,000ANAマイルという上限があります。上限があるということは=貯めるのに時間がかかるというデメリットにもなります。

そうは言っても年間216,000ANAマイルも貯まるソラチカのパワーは強力で、それだけあれば日本~ハワイをビジネスクラスで3往復(65,000ANAマイル×3往復=195,000ANAマイル)してもまだ余るほどの大量マイルが獲得できます。
つまり『来年、どこでも良いから海外旅行行きたい』そういう考えならソラチカだけで貯めてれば十分です。
ですが『すぐに大量のマイルを貯めたい!』こういう状況の時はソラチカの『時間がかかる』というデメリットが出てきてしまいます。

私がSFC修行した時がまさにそれでした。50万~60万マイルは常に用意しておいたんですが、その年は1月にグアム×ビジネスクラスを家族4人予約して16万マイル使い、1月~6月にSFC修行で25万マイル使い、8月にハワイ×ビジネスクラス4席26万マイル使うので合計67万マイル必要でどう考えても手持ちのマイルが足りなかったんです。でもソラチカだけで貯めてたら時間がかかる。そういう時に使えるのが今回のダイナースクラブカードのような入会キャンペーンです。

ただし最初に言っておきます。年会費バカ高いです。なんと22,000円(税別)!!
今まで年会費が無料~2,000円くらいまでのものだけを紹介してきましたが、今回は10倍の値段です。もちろん高額な年会費を越えたメリットがあるから紹介するわけですが、これを使いこなせるのは限られた人だけだと思います。その点を踏まえてお読みください。

またこのカードを作れるのは年収500万円以上の方と言われてます(公表はされてません)。私の妻も3年前に申し込んで見事返り討ちにあいました。

妻が申し込んだ当時はダイナースグループが三井住友信託に事業委託する直前で、入会者を大量に集めるためポイントのバラ撒きをしていて(恐らく会員1人につき〇〇万円で譲渡するなど取り決めがあったんだと思います)今回と同程度の7万マイルという超大盤振る舞いを半年間ほど続けてました。今回は実に3~4年ぶりとなる7万マイルを超えのバラ撒きです。

今回のバラ撒きは以前のような事業委託の経緯はなく、近年ダイナースのポイント制度改悪やブランド力低下のため会員数が減少してるので、その打開策として今回のような入会キャンペーンを行っているものと思います。



ダイナースクラブカードのスペック

  • 年会費:22,000円(税別)
  • ポイント:100円につき1P(税金の支払いは200円につき1P)
  • 主な交換先:10,000P⇒3,000円で利用代金に充当
    2,500P⇒1,000Tポイント
    1P=1マイル(ANA・デルタ・ユナイテッド・大韓航空・アリタリア航空)
    ※交換手数料年間6,000円(税別)・ANAマイルの交換上限12/21~翌年12/20の間で40,000マイルまで
  • 空港ラウンジ無料
  • 手荷物宅配サービス

マイル以外は交換レートが極端に低いので交換先はマイル一択です。また年会費とは別に6,000円(税別)の交換手数料がかかるのも難点です。

キャンペーンの内容

今回はハピタスとダイナースクラブカードのキャンペーンの2重取りが可能です。
ハピタスを知らない方はこちらで詳しく説明しています。まだ登録してない方は必ず下記記事を読んで登録して、ハピタスのサイトから発行して下さい。直接公式HPから申し込んだら2重取りできません。

今まではポイントサイトかダイナースカードのキャンペーンどちらかしかポイントがもらえなかったため紹介するほどでは無いと判断してましたが、今回は両方もらえるので入会価値が一気に高まりました。
まずハピタスを通して入会するとこれだけで17,500P=17,500円or14175ANAマイルもらえます

次にダイナースクラブ側の入会キャンペーン

全ての条件を達成すれば60,000P=60,000ANAマイルになります。
条件を確認します

  • 特典1:入会するだけで3,000P
  • 特典2:3ヶ月以内に30万円決済すれば12,000P
  • 特典3:3ヶ月以内にさらに30万円決済すれば15,000P。つまり特典2と合わせて3ヶ月以内で60万円決済すれば27,000Pもらえます。
  • 特典4:6ヶ月以内にさらに40万円使えば20,000P(特典2・3と合わせて6ヶ月で合計100万円決済)
  • 100万決済した際にもらえる通常ポイントが10,000P

これで60,000P=60,000ANAマイル獲得です。ハピタスを通して入会すれば14,175ANAマイルにできるので合計74,175ANAマイルになります。これは強烈です。年会費がかかるカードとはいえ入会キャンペーンでこれほど大量のマイルがもらえるカードは中々ありません。

またハピタスのポイントはソラチカ経由でANAマイルに交換しますが、ダイナースのポイントは直接ANAマイルに交換できるのでマイルにするのに時間がかからないのがメリットです。年間移行上限は40,000ANAマイルですが、今から申し込んでキャンペーンをクリアし12/20までに40,000Pを40,000ANAマイルに移行して12/21以降に20,000Pを20,000ANAマイル以降すれば交換手数料は1年間分の6,000円(税別)で済みます。



74,175ANAマイルあればどこに行ける?

  • 夫婦2人で(エコノミー):シンガポール・ジャカルタ・バリ・クアラルンプール往復(1人35,000ANAマイル)
  • 1人で(エコノミー):シドニー・パース(45,000ANAマイル)                                    ロサンゼルス・サンフランシスコ・ニューヨーク・バンクーバー(1人50,000ANAマイル)                            ロンドン・パリ・フランクフルト・ミュンヘン・デュッセルドルフ・ブリュッセル・ウィーン(1人55,000ANAマイル)

もちろんソラチカを併用せすればさらに貯まるので夫婦でヨーロッパ旅行なんていうのも可能です。私も新婚旅行は2人分のマイルを貯めてパリに行きました。

決済の壁

問題は3ヶ月で60万円使って、その後3ヶ月でさらに40万円使うことです。ダイナースなのでkiigoを使ってnanacoチャージしたり、ANAプリペイド(JCB)を使って決済額を増やすことはできません。

小細工せず100万円使える方は迷わず作りましょう。次の年会費がかかる前に解約すれば22,000+6,000=28,000円(税別)のコストで74,175ANAマイル手に入ります。
1マイルの価値はエコノミークラスに乗れば2円、ビジネスクラスに乗れば4円くらいなのでそう考えればかなりお得です。
マイルがお得と分かってても少しでも持ち出しを減らしたい場合はハピタスの17,500Pを17,500円にして充当しても良いです。

100万円使えるか分からない方は実際に自分が使う支出を考えてみましょう。案外3月~8月までの時期は高額な支出も多くなるのでキャンペーンを攻略するチャンスでもあります。
例えば

  • 進学・就職に向けた新生活の準備(家具・スーツなど)
  • 自動車税・保険
  • 歓送迎会
  • ゴールデンウィークの旅行代
  • 夏休みの帰省代

挙げてみると結構ありますね。足りない分はAmazonギフト券を買うのも良いですね。無理に支出を増やすべきではありませんが、今後どれくらい使うか予想して100万円使えそうか考えてみてはいかがでしょうか?

年会費・手数料合わせて約3万円は決して安い金額ではありませんが、3万円で2人でシンガポール往復できたり、1人でヨーロッパ往復できると考えれば安いコストだと思います。

還元率以外のダイナースのメリット

手荷物宅配サービス

ダイナースカードを提示するだけで成田・羽田・関空・中部(セントレア)から自宅までの手荷物1つ無料送ってくれます。
通常1,500~2,000円かかる送料が無料になるので頻繁に飛行機に乗る方にとっては嬉しいサービスです。

エグゼクティブダイニング

カジュアルからラグジュアリーまで、和洋中様ざまなお店が全国300店舗以上のレストランのコース料理が1名分、もしくは2名分無料になります。エグゼクティブダイニング店舗

空港ラウンジが無料で使える

世界850カ所以上の空港ラウンジが無料で使えます。とは言っても本人分だけ無料なので家族で利用する場合は追加料金がかかります。国内・海外出張などが多い方向けのサービスです。

今まで還元率の高いカードを紹介してきましたが、高級カードは単に還元率の高さを求めるのではなく、それ以外の付加価値に重きを置いているのが分かります。正直、手荷物宅配サービスなんて自分で持って帰れば不用ですし、ラウンジも空港ロビーで椅子に座ってれば済む話です。年1回の旅行ならそれでも良いかもしれません。でも出張の多い方にとってはこれが毎週・毎月利用できるとなれば年会費22,000円のカードでも案外安いものです。クレジットカードの価値は使う人によって決まる良い例です。

とはいえ出張族でない私にとって使えるのはエグゼクティブダイニングくらいでした。出費は伴いますがこれは結構良いサービスでしたよ。今回発行すれば1年間はこれらの特典が使えるので1年使ってみて良かったら継続して、必要ないと思ったら解約しましょう。



余談

先日、鉄板料理を食べてきましたが私はこれで十分かもしれません(^-^;
ユッケ・牛スジキャベツ(柔らかくて濃いめの味付けで旨い!)・山芋焼き・お好み焼き。ダイナースのような高級料理も良いですがこれはこれで美味しかったです。

鉄板料理といっても「ぼちぼち」というお好み焼き屋です。しかも支払いは大量に貯めたdポイントで払いました(^-^;

おしまい

関連記事



2 Comments

ねこさん

はじめまして。
陸マイラー活動をしており、こちらにたどり着きました。

ブログを拝見して、こちらのカードの入会を検討しています。

そこで、ブログの内容から1つ質問なのですが

「12/20までに40,000Pを40,000ANAマイルに移行して12/21以降に20,000Pを20,000ANAマイル以降すれば交換手数料は1年間分の6,000円(税別)で済みます。」

とありますが、1年間分の交換手数料は入会、申し込んだ時点(2019年4月)から1年間という解釈でよろしいでしょうか?
仮に2019年12/20までを1年、2019年12/21からを新たな1年と計算されて2年分の交換手数料がかかるのではないかと危惧しています。

ご回答頂ければ幸いです。

返信する
sorakara-mile

ねこさん

交換手数料は申し込んだ時点から1年間有効です。よって4月に申し込んだ場合2020年3月までANAマイルに交換できるため40,000ANAマイル×2回移行できます。このことはダイナースクラブに確認済みです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA