空からマイルが降ってくる

節約(マイル)・投資に関するブログです

 

ANAから特別待遇を受けるにはビジネスクラス以上に乗るかANA上級会員にならなければなりません(上級会員になればエコノミーでも特別待遇です)。上級会員になるには年に数十回も国内を飛び回らなければならず、普通の人では到底到達出来ないものです。尚且つ上級会員になったとしても翌年も同じように飛行機に乗り続けなければ2年後の3月には無情にも資格を剥奪されます。

常に上級会員でいつづけるには毎年国内を飛び回る必要があり、上級会員はなることより維持することの方が難しい資格です。

しかし維持が難しいとされる上級会員にも抜け道があります。
それがSFC(スーパーフライヤーズカード)会員です。SFCというクレジットカードを発行し年会費さえ払い続ければ生涯ANA上級会員の資格を持ち続けられ、めくるめくVIP待遇が生涯待っています

上級会員であるSFCになるには

そんな夢のようなカードを簡単に作れるはずがありません。SFCは普通のクレジットカードと違い、以下の2つの条件を満たした人だけが作れるカードです。

①1月1日~12月31日までの間でANA便あるいはスターアライアンス便に乗り5万プレミアムポイント以上獲得する。(5万ポイントのうち25000ポイント以上ANA便で獲得すること)※プレミアムポイントについては一番下の関連記事をご覧ください。

②5万ポイント以上獲得後の2年後の3月末までSFCに申し込む。
ex)2017年に5万ポイント獲得したら、2019年3月末までに申し込みます。

条件①はもうひたすら飛び回るしかありません(これをSFC修行と呼びます)。旅行を兼ねて乗る人もいれば出発地から出来るだけ遠い場所を選び(ポイントが多く貯まる)ひたすら往復する人もいます。プレミアムポイントの貯め方は人それぞれですが、何もせずいきなり5万ポイント貯まるような裏技はありません。
人生の中で1度で良いので1年の間で多くの搭乗を繰り返し5万ポイント貯めてはじめてSFCに申し込めます。

①の修行を終え上級会員になったらその会員期間中にSFCを申し込みます。ただしSFCはクレジットカードなので審査があります。ここで落ちたら①の努力も水の泡となります。
そこで万が一の審査落ちを防ぐため、SFC修行に入る前にSFCの元となるカードを事前に発行します。これを発行しておけば①を満たした後、申し込みをすれば審査無しでSFCになれます。
事前に発行すべきカードをSFCの年会費と併せて紹介します

SFCの年会費

SFCの年会費は所有するクレジットカードによって異なり、主なカードは
①ANA一般カード(JCB・VISA・Masterいずれも可)f:id:nenkin-mile:20170608000302p:plain
・年会費:本会員9275円(税別・以下全て)・家族会員4575円(VISA・Master)(マイペイすリボ・WEB明細適用時)
     本会員10250円・家族会員5100円(JCB)
・カード利用で貯めたポイントをマイルへ移行する手数料
 10マイルコース 5000円(JCB)・6000円(VISA・Master)
5マイルコース  無料
・還元率:10マイルコース=1%
      5マイルコース=0.5%
・更新時2000マイル付与

②ANAワイドゴールドカード(JCB・VISA・Masterいずれも可)f:id:nenkin-mile:20170608000340p:plain
・年会費:本会員10500円・家族会員6000円(VISA・Master)(マイペイすリボ・WEB明細適用時)
     本会員15000円・家族会員7500円(JCB)
・マイルへの移行は手数料無料
・還元率:VISA・Master1.45% JCB1%
・更新時4000マイル付与

どちらのカードを作るにしてもJCBは高いのでVISA・Masterになりますね。
年会費は一般カードの方が安いですが家族会員を含めても差額はわずか2650円です。般カードは還元率を上げるために10マイルコースに登録するとマイル移行手数料が発生するので、逆に何故かゴールドカードの方が安くなります。さらにゴールドカードは更新時に一般カードより2000マイル多く付与されます。
もうゴールドカード以外選択肢はありませんね・笑

またVISAとMasterカードを比べるとVISAの方がキャンペーンの内容が良いのでVISAがオススメです。
よってSFCを目指すなら作るべきカードはANAVISAワイドゴールドカードになります。
もちろん作る場合はポイントサイト経由での申し込みを忘れないで下さい。

SFCになれるカードはこの2つ以外にもあるので紹介します。

ANAダイナースカード
本会員30240円・家族会員11340円

ANAアメリカン・エキスプレスゴールドカード
本会員33480円・家族会員16470円

ANAJCBプレミアム
本会員75600円・家族会員4320円

ANAダイナースプレミア
本会員167400円・家族会員無料

ANAVISAプラチナプレミアム
本会員86400円・家族会員4320円

ANAアメリカン・エキスプレスプレミアム
本会員162000円・家族会員無料(4名まで)

どれも年会費が高過ぎますね。よほどこだわりのある方以外は迷わず②のゴールドカードで良いと思います。

SFC家族カードは作るべきか

ソラチカ含め多くのカードは家族カードを作る必要はありません。しかしSFC家族カードは発行する価値があります。
まず本会員と家族会員の受けられるサービスの違いを確認します。f:id:nenkin-mile:20170608004931p:plain
⑥と⑨以外本会員と同じ資格が与えられます。
これ以外はカード更新時に本会員は4000マイルもらえますが家族会員はもらえません。

どんな人が家族カードを作るのか?
SFCになればエコノミークラスに乗ろうと上級会員の待遇を受けられます。しかしこれらのサービスをが受けられるのはカード所有者+同行者1名だけです。仮に家族4人でエコノミーに乗る場合、2人がサービスを受けられず搭乗手続きやラウンジでは別行動、あるいは全員でサービスを受けないかのどちらかになります。
しかしSFC家族カードを1枚発行していれば、本会員+同行者1名、家族会員+同行者1名がサービスを受けられるので4人でも家族全員でサービスを享受出来ます。
これは凄いことです。本会員が苦労してSFCになりさえすれば家族は簡単に一生上級会員の待遇を受けられるんですから。
また、自分が旅行に行かない時も家族会員(例えば配偶者)になってれば、配偶者が友達と旅行に行く際もサービスが受けられます。当然同行する友人1名もサービスが受けられます。こう考えてみると発行する価値は十分にあります。

最後にもう1度SFCまでの流れを確認します。
ANAVISAゴールドカードを作る→①(5万プレミアムポイント)をクリアする→SFCに申し込む→今まで持っていたANAVISAゴールドカードがANAVISAスーパーフライヤーズゴールドカードに変身する。

こうして永遠にANAからVIP待遇を受けることが出来るようになります。

関連記事

www.sorakara-mile.com
www.sorakara-mile.com


にほんブログ村