空からマイルが降ってくる

マイルが簡単に貯まる方法・節約・投資に関するブログ

マイルが貯まらない方へ ANAマイルの本当の貯め方

 f:id:nenkin-mile:20170507214817j:plain

マイルがあればタダで海外旅行に行ける

 旅行が好きでよく飛行機に乗られる方でも「マイルって何かよく分からない・・・」
という方が多いのではないでしょうか。
旅行に行きたいけどあまり行くことがない方にとっては余計縁遠く感じませんか?
でも無料(海外は税金だけかかります)なら行きたい!という気持ちがある方は是非読んで下さい。
簡単に言えばマイルとは飛行機に無料で乗れるポイントです。
私も自分が無料で海外に行くまで毎年夏休みやお正月に家族で海外旅行に行く人たちをTVで見て「家族で行くなんて凄いな~みんなお金持ちなんだぁ」と思ってました。ところが、みんながみんなお金持ちなわけではなくマイルを使って無料で行ってる方もいるんです。

家族で海外旅行に行っても飛行機代が無料なら行ける気がしませんか?
私の貯めているANAマイルの場合レギュラーシーズンのハワイならエコノミーで4万マイル、ビジネスクラスなら65000マイルで行けます。

仮にエコノミーで行くとして、4万マイル貯めるにはどうしたら良いか?
多くの方が考えるのはクレジットカードの利用で貯めること。

けれどそれだけでは全く足りません。なぜなら年会費無料のANAカードの場合、4万マイル貯めるには800万円使わなければならず現実的な額ではありません。
まして家族(4人)で行くとしたら3200万円使わなければならず、気の遠くなるような金額です。

これがマイルの存在を世の中から遠ざけている1番の要因です。
結局貯めてはみたものの必要なマイル数に届かず「マイルは貯まらない」という意識になっていきます。貯めるのが難しすぎるんです。

貯め方を変えればマイルは貯まる。

それはクレジットカードを使うだけでなく、ポイントサイトを使うこと。
ポイントサイトと聞くと何か怪しい感じもしますが1部上場企業が運営しているものもあります。

ポイントサイトにはクレジットカードを作るだけで1万マイルもらえたり、外食に行くだけで4500マイルもらえる案件が数多くあります。それらをこなしていけば年間21万6千マイルが貯まります。
私は今年ビジネスクラスに乗り家族でグアムに行きましたが、もちろんその時の飛行機代はマイルで払いました。グアムまでビジネスに乗ると1人4万マイル×4人で16万マイル。

年会費無料のカード決済で貯めるには3200万円必要ですが、ポイントサイトで年間21万6千マイル貯めれば気軽に行けます。

21万6千マイルあればどこに行けるか?

f:id:nenkin-mile:20170508000155p:plain
ハワイにビジネスクラスで3回
シドニーにビジネスクラスで2回
パリやニューヨークにファーストクラスで1回

これが毎年続きます

ハワイやシドニーにビジネスクラスで行くには夏休みシーズンの場合、飛行機代だけで1人30万円を超えてきます。ファーストクラスにいたっては数百万円です。普通の家庭では到底出せない金額ですが、マイルがあれば話は別。

もちろん夫婦で貯めれば倍の43万2千マイル貯まります

それだけあれば家族で海外旅行に行きたい方も、私のように定年後時間のある方も飛行機代を気にせず何回でも世界中行くことが出来ます。
特に歳を重ねてからの長時間飛行は疲れますが、ビジネスクラスなら足を伸ばしても前の席に届かないほど広いし、フルフラットで寝られるし、食事も立派で本当に快適です。

 

貯められるのは分かったけど結局ポイントサイトってなに?

ポイントサイトはその名の通りポイントを獲得するサイトです。楽天やヤフーショッピングで買い物をする場合、直接公式HPから買っても貯まるのは楽天ポイントやTポイントだけですが、ポイントサイトを通して買えば、普段のポイントとは別にポイントサイトのポイントが貯まります。もちろん商品価格は普通に買うのと同じ金額です。ただポイントサイトのポイントが余分にもらえます。

同じことがクレジットカードを作ることにも当てはまります。公式HPや店頭で作っても多少のポイントや金券がもらえますが、ポイントサイトを通して作るだけで大量のポイントがもらえます。例えば有名な楽天カード(年会費無料)。HPから直接申し込んだ場合もらえるのは楽天ポイント8000Pですが、ポイントサイトから申し込めば楽天ポイント8000Pプラス1万マイル相当のポイントサイトのポイントがもらえます。つまりポイントの2重取が出来ます。その他にも外食に行ったりマッサージに行くだけで大量のポイントがもらえます。
何でそんなにポイントがもらえるのか? 通常企業はCMを流したり広告を出すのに莫大な費用がかかります。その費用の一部をポイントサイトに渡します。ポイントサイトは企業からもらったお金をポイントという形で申し込んできた私たち利用者に渡します。こうして私たちはもらったポイントをマイルや現金に出来ます。

外食してポイントをもらえるのも同じです。CMを流せるような大企業は良いですがそうでないお店はポイントサイトにお金を払い宣伝してもらいます。私たち利用者はその一部のポイントをもらいます。一部といっても、お店によっては利用額の半額分のポイントがもらえたり、中には全額返ってくるお店もあります。5000千円分の食事をして5000Pもらったら4500マイルになります。年間9回外食に行けばハワイ分のマイルが貯まります。4500マイルをクレジットカードの利用で貯めようと思えば90万円使わないといけませんが、ポイントサイトを利用すれば1回ご飯食べに行くだけで4500マイル貯まります。

マイルは貯め方を変えれば簡単に貯まる典型例です。

たくさん作ってもポイントが分散し、どこにどれだけポイントが残っているか分かりづらくなるので最初はサイトを絞った方が良いです。
最初にオススメするのはハピタス・ちょびリッチの2つです。
ポイントは2つのサイトそれぞれで貯められます。
貯めたポイントは下のフロー図の通り移行します。  

f:id:nenkin-mile:20170507235854p:plain
ハピタス・ちょびリッチで貯めたポイントをドットマネー→メトロポイント→ANAマイルの順に移していきます。

メトロポイント

途中で経由するメトロポイントというのはその名の通り東京メトロが運営しているポイントです。ハピタス・ちょびリッチで貯めたポイントをドットマネーに移しメトロポイントを経由してANAマイルに移行することが最も効率良くマイルが貯める秘訣です。

ハピタスからANAマイルへの移行ルートはメトロポイント・Tポイント経由、直接ANAマイルに移行。の3通りがありますが、どのルートを通るかで最終的にもらえるマイルが大きく変わります。
各フロー図を見て下さい
f:id:nenkin-mile:20170508000410p:plain f:id:nenkin-mile:20170508000447p:plain f:id:nenkin-mile:20170508000458p:plain
3つを比べると圧倒的にメトロポイント経由が高くなることがわかります。
それならハピタスやちょびリッチで稼いだ分を全部メトロポイントに移行したらいくらでもマイルが貯まるじゃない?と思うかもしれませんが、メトロポイントの移行上限は月に20000Pまでと決まっており、それ以上ANAマイルに移行したい場合は交換レートの下がるTポイント経由か直接ANAマイルに移行するしかありません。

20000PをANAに移行すると18000マイル。これを12ヶ月繰り返すと21万6000マイル貯まります。これが年間21万6千マイル貯まる仕組みです。
また、ハピタスで貯めたポイントはJALマイルにも交換出来ますが、ハピタスで20000P貯めても10400JALマイルにしかなりません。
JALにはメトロポイントの様に爆発的に交換レートを上げるルートが存在せず、必然的にANAマイルが最も貯めやすく、オススメする理由です。

各ポイントサイトは登録するだけで使えるようになりますが、メトロポイントに移動させるにはANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカ)というクレジットカードする必要があります。
f:id:nenkin-mile:20170510100600p:plain
いくらポイントサイトでカードを作ってもソラチカが無ければメトロポイントに移行出来ず低いレートのままマイルに換えるしかないのです。
よってソラチカは必ず発行して下さい。既にクレジットカードを1枚でも所有している方は1番最初に。クレジットカードを1枚も持っていない方はポイントサイト経由で楽天カードから作って半年ほど使いクレジットカードの信用を高めてから申し込んで下さい。

尚、ソラチカは現在どこのポイントサイトにも出ておらず、公式HPから直接申し込むしかありません。年会費は初年度無料で2年目以降は2160円かかりますが、これがANAマイルを貯める上での唯一の出費です。
2160円で世界中行けると思えば安くありませんか?

しかしソラチカを使ったマイルの貯め方はこれまでのマイルの常識を覆すほどの異常な貯まり方です。この制度がいつまで続くか分かりません。それほど今はマイルが簡単に貯まる仕組みが出来ています。これを機にマイルを貯めて高嶺の花だった海外旅行を楽しみましょう!