空からマイルが降ってくる

マイルが簡単に貯まる方法・節約・投資に関するブログ

CRECO改悪

陸マイラーなら聞いた方も多いであろうCRECOのポイント制度が5/1から大きく変わりました。
CRECOはスマホ向けのアプリで、クレジットカードの情報を登録することでポイントがもらえ、登録したクレジットカードを利用するとさらに0.1%のポイントがもらえるものです。CRECOのポイントはPEX経由でソラチカに交換出来ただけに残念です。

CRECOのシステム
変更前
①クレジットカードの新規登録 30P
②クレジットカード決済1000円につき 1P
③オファーの利用
④アンケートの回答
ポイント交換数 ポイント交換上限無し
ポイント価値 1P=1円

変更後
①クレジットカード登録 30p
②利用明細に対しカテゴリーを選択する 1登録につき1P
(カテゴリーは利用用途がいくつかあり、コンビニ・AMAZON・ホームセンター・税金など細かく分かれていて、1回の利用明細ごとにカテゴリーを選ぶ。)
③オファーの利用
④アンケートの回答
ポイント交換 1ケ月につき500Pまで
(みずほダイレクトアプリと連携している場合、オファーでクレジットカードの発行が完了し、ポイントが付与された場合のいずれかを満たせば上限は無くなる)
ポイント価値 1P=1円

 

 変更前のシステムを見ると、①はオマケのようなもの。③は他のポイントサイトより低いポイントしかもらえないため使わず、④は効率が悪いため不要であり、CRECOの存在意義は②の自動で明細を取得してくれて1000円につき1Pもらえることにありました。
これが無くなり、いちいち利用明細ごとにカテゴリー選択してもらえるポイントが1Pでは面倒でCRECOを利用する意味が無くなってしまいます。
あえて今後も使う理由を挙げるとすれば、自動明細を取得してくれることでしょうか。自動で明細を取得してくれることで不正利用に早く気づけますからね。
陸マイラーであればクレカを沢山持っているでしょうからこの点は唯一のメリットです(セキュリティアプリみたいですね・・・)